箱根ガラスの森美術館

2018年11月14日

サンドブラスト体験工房:クリスマス限定モチーフ

サンドブラスト体験工房:クリスマス限定モチーフ
砂を吹き付けてガラスに模様を彫る、箱根ガラスの森美術館サンドブラスト体験工房では、クリスマス限定モチーフなどをご用意いたしました。

体験料金:1300円より
制作時間:約30分から40分

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 15:39 | TrackBack(0) | ガラスの体験工房

2018年11月13日

展示作品のご紹介:ロストラート

展示作品のご紹介:ロストラート
ロストラート
(推定1987年(1938年モデルの復刻)|ヴェネチア|バロヴィエール&トーゾ社 デザイン:エルコレ・バロヴィエール)

透明なガラスと、茶褐色のフメ・ガラスを交互に重ねて器を作り、表面に船嘴状の突起を熔着したガラス鉢。「ロストラート(船嘴装飾)」と名付けられたこのシリーズは、1936年第6回ミラノ・トリエンナーレとブリュッセル万国博覧会で、それぞれ金メダルを受賞し、1938年のヴェネチア・ビエンナーレでも国内外から好評を博した。以後、多種多様な作品にこの独特の模様が使用され、鉢のほかにも花器やランプシェード、シャンデリアなどが作られた。この作品は1987年頃に復刻されたものと考えられる。


箱根ガラスの森美術館2018年特別企画展
─奇跡のガラスを生んだ─ 華麗なるバロヴィエール一族展

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 11:51 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

サンドブラスト体験工房:季節限定モチーフ「ポインセチア」

サンドブラスト体験工房:季節限定モチーフ「ポインセチア」
砂を吹き付けてガラスに模様を彫る、箱根ガラスの森美術館サンドブラスト体験工房では、季節限定モチーフとして「ポインセチア」などをご用意いたしました。

体験料金:1300円より
制作時間:約30分から40分


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 09:16 | TrackBack(0) | ガラスの体験工房

2018年11月12日

仙石原のススキ草原

箱根ガラスの森美術館からお車で約5分。
仙石原のススキ草原が見頃でした。

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 11:33 | TrackBack(0) | インフォメーション

2018年11月11日

毎日新聞:クリスタル・ガラスのクリスマスツリー



posted by 箱根ガラスの森美術館 at 09:03 | TrackBack(0) | メディア取材・掲載履歴

2018年11月10日

フュージング体験工房「クリスマス・リース」

フュージング体験工房「クリスマス・リース」
箱根ガラスの森美術館の体験工房“ヴェトロ”では、様々なガラスを組み合わせ、熱を加えて熔かし合わせるフュージングという技法を使い、アクセサリー作りを行っています。 季節限定モチーフとして「クリスマス・リース」などをご用意いたしました。

季節限定モチーフ:2100円より
制作時間:約15分から20分


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 12:29 | TrackBack(0) | ガラスの体験工房

SBSラジオ「Radio*East」の公開放送

本日11月10日、SBSラジオ「Radio*East」の公開放送が箱根ガラスの美術館から行われます。
posted by 箱根ガラスの森美術館 at 09:44 | TrackBack(0) | メディア取材・掲載履歴

2018年11月09日

コムラサキ

コムラサキ
庭園のコムラサキが実をつけていました。

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 17:41 | TrackBack(0) | 庭園・季節の花

2018年11月08日

箱根スイーツコレクション



posted by 箱根ガラスの森美術館 at 17:53 | TrackBack(0) | カフェレストラン

2018年11月07日

庭園の紅葉

庭園の紅葉
箱根ガラスの森美術館の庭園も紅葉してきました。

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 11:54 | TrackBack(0) | 紅葉状況

2018年11月06日

サングラス

2018_11_07_1dx_114.JPG
箱根ガラスの森美術館ミュージアム・ショップでは11月12日までの期間限定でサングラスなどを販売しております。

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 14:40 | TrackBack(0) | ミュージアムショップ

展示作品のご紹介:サファイア

展示作品のご紹介:サファイア
サファイア
(1936〜1954年|ヴェネチア|バロヴィエール&トーゾ社 デザイン:エルコレ・バロヴィエール)

イタリア語で「ザフィーロ(サファイア)」と名付けられた青色のガラス鉢。この作品は色ガラスを熔解窯の中で完全に熔融させるのではなく、半熔融の状態のままのガラスを用いて成形するという技法で作られている。色の濃淡や文様が複雑に変化する表現方法は、それまでの色ガラスのイメージを一新した。エルコレはこの他にも、ガラスの表面に金属化合物を熔着させたり、ガラス生地の中に細かい金属繊維を封入したりするなど、現代ガラスに大きな影響を与える作品を積極的に発表した。

箱根ガラスの森美術館2018年特別企画展
─奇跡のガラスを生んだ─ 華麗なるバロヴィエール一族展

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 12:33 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2018年11月05日

フュージング体験工房「ポインセチア」

フュージング体験工房「ポインセチア」
箱根ガラスの森美術館の体験工房“ヴェトロ”では、様々なガラスを組み合わせ、熱を加えて熔かし合わせるフュージングという技法を使い、アクセサリー作りを行っています。 季節限定モチーフとして「ポインセチア」などをご用意いたしました。

季節限定モチーフ:2100円より
制作時間:約15分から20分

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 09:21 | TrackBack(0) | ガラスの体験工房

2018年11月04日

展示作品のご紹介:裸婦像

展示作品のご紹介:裸婦像
裸婦像
(1934年頃|ヴェネチア|バロヴィエール・セグーゾ・フェッロ工房|デザイン:フラヴィオ・ポーリ ナポレオーネ・バロヴィエール作)

ジュゼッペの息子ナポレオーネは、1933年からアルキメデ・セグーゾなどと協力し、「バロヴィエール・セグーゾ・フェッロ工房」(後のセグーゾ・アート・グラス工房)を設立した。この作品は、1934年からセグーゾ・アート・グラス工房にデザイナーとして携わったフラヴィオ・ポーリのデザインに基づき、吹きガラス技法で制作した裸婦像。台座には細い糸状のガラスを熔着して波状文が表現されており、女性像の傍らにはドルフィンが熔着されている。また、作品全体には光彩を放つイリデセンス・グラスを使用している。

箱根ガラスの森美術館2018年特別企画展
─奇跡のガラスを生んだ─ 華麗なるバロヴィエール一族展

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 12:25 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2018年11月03日

クラブツーリズム日帰り旅行



posted by 箱根ガラスの森美術館 at 12:48 | TrackBack(0) | インフォメーション