箱根ガラスの森美術館

2007年06月29日

カンツォーネメンバーのご紹介 ディ・アマリオ・エンツォ

ディ・アマリオ・エンツォディ・アマリオ・エンツォ
DI AMARIO VINCENZO
(アレンジャー・ピアニスト・オルガ二スト)
アンダンテ・プロジェット  代表

イタリア、ナポリ生まれ。音楽一家の中で育つ。 ナポリ音楽院、ピアノ科を専攻した後、ピアニスト、ハモンドオルガン奏者として イタリアはもとより海外でも活躍する。 来日後はピアノ、エレクトーン、キーボードを使っての独自の演奏形態を生み出す。 ダイナミックでありながら、郷愁を感じさせるカンツォーネ、また、アップテンポで 感性豊かなラテン、ジャズは多くのファンの心をとらえている。 カンツォーネ、ジャズ、ラテン、ポップスとレパートリーも多彩。 演奏者として、伴奏者として、そしてアレンジャーとして各方面で活躍中である。2002年にはナポリ古城において野外コンサートを行い反響を呼んだ。 2003年NHK教育テレビ「イタリア語講座」出演、2004年ミラノにて開催、 「P.M.A04国際ピアソラ音楽コンクール」では審査員を務めた。 2006年5月にはヴェネチアにて「海の博物館60周年記念コンサート」を企画、ピアニストとして日本人、イタリア人音楽家たちとともにジョイントコンサートを行った。 国境を越えた日伊友好の一役を担っている。
posted by 箱根ガラスの森美術館 at 06:53 | TrackBack(0) | カンツォーネ