箱根ガラスの森美術館

2008年05月07日

展示作品のご紹介 レース・グラス角型酒器

レース・グラス角型酒器

レース・グラス角型酒器 
17世紀 ヴェネチア又はファソン・ド・ヴェニス
2種類のレース棒を使って作られた、角型のレース・グラス瓶。口には金具の栓がつけられ、背に二箇所の紐通しが作りつけられている。ワインを入れる携帯用のボトルとして使われた。 ファソン・ド・ヴェニスとは、ヴェネチア以外の国や地域で作られた、ヴェネチア様式のガラス器のこと。
posted by 箱根ガラスの森美術館 at 15:59 | TrackBack(0) | 美術館収蔵作品のご紹介