箱根ガラスの森美術館

2009年02月25日

収蔵作品のご紹介 TORO(雄牛)

TORO(雄牛)
TORO(雄牛)
1954年 ヴェネチア

パブロ・ピカソ デザイン
エジディオ・コスタンチーニ作

20世紀を代表する芸術家・ピカソは、ガラスという扱い難い素材にも関心を示し、エジディオ・コスタンチーニと合作で十数点のガラス作品を制作しています。「TORO」はその初期の作品で、闘牛の雄牛をイメージした作品です。
posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:57 | TrackBack(0) | 美術館収蔵作品のご紹介