箱根ガラスの森美術館

2013年04月23日

「モザイク美の世界」展示作品のご紹介:モザイク・グラス坏

「モザイク美の世界」展示作品のご紹介:モザイク・グラス坏

モザイク・グラス坏
1世紀 (ダルマチア地方)
ムラーノ・ガラス美術館 所蔵

ダルマチア地方(現在のクロアチア共和国におけるザダル、ニン、アッセリア)から発見された坏。色鮮やかなガラス棒を組み合わせて制作されている。この作品は元々、ザダルの聖ドナット美術館の所蔵であったが、第二次世界大戦の折、作品の安全のために他の美術品とともにヴェネチアに移された。その後、美術品は1963年にイタリアの国立考古学博物館に収めることに決定したが、この作品を含むガラス器(480点)だけはムラーノ・ガラス美術館の所蔵となった。


箱根ガラスの森美術館 2013年特別企画展
─時空を超えた東西の技─「モザイク美の世界」
ヴェネチアン・グラスと里帰りした箱根寄木細工



posted by 箱根ガラスの森美術館 at 11:11 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

素晴らしい一日:モザイク美の世界

「素晴らしい一日」6月号にて、箱根ガラスの森美術館 2013年特別企画展─時空を超えた東西の技─「モザイク美の世界」ヴェネチアン・グラスと里帰りした箱根寄木細工をご紹介いただきました。

素晴らしい一日:モザイク美の世界


素晴らしい一日 2013年 06月号
出版社:プレジデント社
発売日:2013/4/20
税込価格 680 円
http://www.president.co.jp/iwd/


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 09:26 | TrackBack(0) | メディア取材・掲載履歴

2013年04月22日

サンドブラスト体験工房:母の日のモチーフ

サンドブラスト体験工房:母の日のモチーフ

砂を吹き付けてガラスに模様を彫る、箱根ガラスの森美術館サンドブラスト体験工房では、母の日のモチーフとしてカーネーションなどをご用意いたしました。

体験料金:1200円より。
制作時間:約30分から40分。


タグ:体験工房
posted by 箱根ガラスの森美術館 at 13:05 | TrackBack(0) | ガラスの体験工房

2013年04月21日

寄木額付きモザイク・ガラス

寄木額付きモザイク・ガラス

寄木額付きモザイク・ガラス
ガラスと木、異なる素材を用い、それぞれが脈々と技を育んできた東西の「モザイク」文化が、時空を超えて箱根ガラスの森美術館で出会い制作された、美の競演のオリジナル作品です。

12,000円


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 11:01 | TrackBack(0) | ミュージアムショップ

2013年04月20日

「モザイク美の世界」展示作品のご紹介:ライティング・ビューロー

「モザイク美の世界」展示作品のご紹介:ライティング・ビューロー

ライティング・ビューロー
明治時代(箱根)
収蔵:金子皓彦

明治20〜30年頃に制作された寄木文様と象嵌で表装された書き物机。朝顔、鶴、鳳凰のほか、十二弁の菊花・桜・桔梗・蝶などの象嵌模様が随所に施されている。高さは181cmに達し、下段に内蔵した扇形の拡張テーブルを左右に引き出すと全幅は241cmにも及ぶ日本最大級の寄木細工の作品である。
明治時代に入って多くの外国人が箱根を訪れるようになると、外国人の嗜好に合ったトランプケースやシガレットケースなどの寄木細工が作られるようになった。また、横浜より外国商館員も訪れ、ライティング・ビューローや飾り棚、チェステーブルなどを注文し、欧米諸国に輸出した。


箱根ガラスの森美術館 2013年特別企画展
─時空を超えた東西の技─『モザイク美の世界』
ヴェネチアン・グラスと里帰りした箱根寄木細工

会期:4月20日(土)から11月24日(日)



posted by 箱根ガラスの森美術館 at 09:05 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2013年04月19日

企画展特別スイーツ「モザイクドルチェ」

企画展特別スイーツ「モザイクドルチェ」

企画展特別スイーツ「モザイクドルチェ」
イタリアのチーズ、マスカルポーネとブルーベリーのムースにチョコのスポンジを使ったモザイク柄のケーキです。美術品をご鑑賞の後はこちらのケーキを是非お楽しみ下さい。

単品:730円
ドリンクセット:1080円


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 20:31 | TrackBack(0) | カフェレストラン

ヴェニス・アコースティック・デュオ特別コンサート

箱根ガラスの森美術館では、ヴェネチアを中心に世界で活躍する音楽家を招きミュージアム・コンサートを開催いたします。
艶やかにして繊細、圧倒的な集中力で聴衆の心をつかむ国際的ヴァイオリニスト、アルベルト・デ・メイス氏と、ヨーロッパ各地でのコンクールで数々の受賞歴を持つアコーディオン奏者、セバスティアーノ・ゾルザ氏との共演です。春を彩る華麗な響きとの出会いにご期待ください。

ヴェニス・アコースティック・デュオ特別コンサート

開催期間:2013年4月20日から5月31日
休演日:4/24・5/1・5/2・5/8・5/15・5/22・5/29

演奏時間:10:30〜10:45・11:30〜11:45
     13:30〜13:45・14:30〜14:45・15:30〜15:45

http://www.ciao3.com/event/venice_acoustic_duo/


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 19:47 | TrackBack(0) | イベント

「モザイク美の世界」展示作品のご紹介:モザイク・グラス皿「ラヴェンナ」

モザイク・グラス皿「ラヴェンナ」

モザイク・グラス皿「ラヴェンナ」
1981年 ムラーノ
ジャンニ・モレッティ、ルチアーノ・モレッティ/エルコレ・モレッティ工房


「ラヴェンナ」とは、ビザンチン美術で知られるイタリアの古都ラヴェンナに由来する。ガラス職人のジャンニ・モレッティとルチアーノ・モレッティが、ルイジ・ゼッキンに提案し、ラヴェンナの建築群に残る壮麗なモザイク装飾から着想を得て制作された作品である。モノトーンを基調としたムリーネが同心円状に並び、美しく緻密な幾何学模様に仕上げられたこのプレートは、卓越した技術と経験によって作られエルコレ・モレッティ工房を代表する名品である。


箱根ガラスの森美術館 2013年特別企画展「モザイク美の世界」
ヴェネチアン・グラスと里帰りした箱根寄木細工


会期:4月20日(土)から11月24日(日)
posted by 箱根ガラスの森美術館 at 18:49 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

「モザイク美の世界」オープニングセレモニー開催

本日4月19日、「2013年特別企画展 ─モザイク美の世界─ヴェネチアン・グラスと里帰りした箱根寄木細工」のオープニングセレモニーが開催されました。

2013_04_19_1dx_060.JPG


2013年特別企画展「モザイク美の世界」
ヴェネチアン・グラスと里帰りした箱根寄木細工

会期:4月20日(土)から11月24日(日)



石やタイル、動物の角や牙、木などの材料を敷き詰めて作り出 されるモザイク技法が生み出されたのは、古代メソポタミア。 現在のシリアやヨルダンなどの地域にあたります。このモザイク技法の発祥の地は、またガラス発祥の地でもありました。宝石を敷き詰めるかのように、ガラス片を熔着した最初期のモザイク・グラスはメソポタミア地域から出土しており、紀元前15世紀頃のものと言われています。
この地で生み出されたモザイクの技術は東西に広がり、古代エジプトではファラオの副葬品に寄木技法が使われ、また古代ローマ時代には壁面装飾やモザイク・グラスに、そしてシルクロードを経て日本にまでその技術は受け継がれていったのです。
日本では、箱根にて様々な寄木文様と象嵌をちりばめた小箱や箪笥から、ライティング・ビューローや飾棚などの大型の作品まで多数制作され、欧州各国に輸出されていきました。 独自の発展を遂げた日本の箱根寄木細工と、古代ローマから水の都ヴェネチアに伝わり、華麗に花開いたモザイク・グラス。それぞれのモザイクが織り成す「美の競艶」が始まります。


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 17:05 | TrackBack(0) | インフォメーション

フュージング体験工房 春の限定モチーフ「クローバー」

フュージング体験工房 春の限定モチーフ「クローバー」

箱根ガラスの森美術館の体験工房「ヴェトロ」では、様々なガラスを組み合わせ、熱を加えて熔かし合わせるフュージングという技法を使い、アクセサリー作りを行っています。
春の限定モチーフとして「クローバー」などをご用意いたしました。


春の限定モチーフ:2000円より
制作時間:約15分から20分
作品お渡し:体験終了後約70分(ご発送もお受け致します)

フュージング体験工房
http://www.ciao3.com/atelier/fusing/


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 11:29 | TrackBack(0) | ガラスの体験工房

「モザイク美の世界」オープニングセレモニー

本日4月19日、「2013年特別企画展 ─モザイク美の世界─ヴェネチアン・グラスと里帰りした箱根寄木細工」のオープニングセレモニーが開催されます。


紀元前15世紀から約3500年のロマンをつづるモザイク・グラスは、今なおその魅力的な姿で人々を惹きつけてやみません。さらに高度に発達した古代ローマ時代のモザイク・グラスの技術は消失してしまいますが、19世紀後半にヴェネチアのヴィンツェンツォ・モレッティ(1835〜1901)は、その復元を見事に果たし、ガラスの表面に絵付けをしたかのような精巧な模様を蘇らせました。
同じころ、明治時代の箱根では、木の美しさを活かし、精緻な幾何学模様を施した寄木細工の飾棚や小箱などが盛んに制作され、ヨーロッパの人々の文化にも華を添えていました。
ここ箱根で再び巡り合わせることができた、ガラスと木のそれぞれが織り成す多彩なモザイク美の世界をご高覧ください。

2013_04_19_1dx_003.JPG


箱根ガラスの森美術館 2013年特別企画展「モザイク美の世界」
ヴェネチアン・グラスと里帰りした箱根寄木細工


会期:4月20日(土)から11月24日(日)


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:36 | TrackBack(0) | インフォメーション

2013年04月18日

庭園の花々

2013_04_18_1dx_034.JPG
フロントの近くに植わっている、絞りの入ったピンクの八重椿が開花しました。

2013_04_18_1dx_038.JPG
カフェ・レストランの近くに、蔓日々草(ツルニチニチソウ)が開花していました。


2013_04_18_1dx_042.JPG
タンポポが咲いていました。箱根ガラスの森美術館の庭園内では珍しい花です。


2013_04_18_1dx_044.JPG
水車小屋の壁のツルアジサイの蕾が膨らんできました。


2013_04_18_1dx_059.JPG
ポット苗のラベンダーを庭園に植えました。


2013_04_18_1dx_072.JPG
ローダンセマムが庭園に植えられていました。後ろで光っているのは、クリスタル・ガラスの回廊です。


2013_04_18_1dx_091.JPG
薄いピンクのシャクナゲが満開になっていました。


2013_04_18_1dx_094.JPG
早川側の庭園にシャガが咲いていました。


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 15:59 | TrackBack(0) | 庭園・季節の花

フュージング体験工房 春の限定モチーフ「こいのぼり」

箱根ガラスの森美術館の体験工房「ヴェトロ」では、様々なガラスを組み合わせ、熱を加えて熔かし合わせるフュージングという技法を使い、アクセサリー作りを行っています。
春の限定モチーフとして「こいのぼり」などをご用意いたしました。

2013_04_18_1dx_103.JPG


春の限定モチーフ:2000円より
制作時間:約15分から20分
作品お渡し:体験終了後約70分(ご発送もお受け致します)

フュージング体験工房
http://www.ciao3.com/atelier/fusing/index.html


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 14:32 | TrackBack(0) | ガラスの体験工房

2013年04月17日

【予告】エーゲルマンガラスフェア

期間:2013年10月30日から11月4日(予定)
場所:箱根ガラスの森美術館ミュージアムショップ

エーゲルマンガラス

世界のガラスを扱う箱根ガラスの森美術館ミュージアムショップは、チェコが世界に誇る「エーゲルマンガラス」を特集します。
開催期間中、エーゲルマン社からガラス彫刻家、ヴァーツラフ・バロウン氏をお招きし、エングレーヴ(ガラス彫刻)の実演を行います。



http://www.ciao3.com/event/egermann/





posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:27 | TrackBack(0) | イベント

2013年04月16日

シャクナゲ

シャクナゲ
フロント近くのシャクナゲが開花しました。とても華やかな色です。


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 20:35 | TrackBack(0) | 庭園・季節の花

2013年04月15日

展示替えに伴う一部休室のお知らせ

展示替えに伴う一部休室のお知らせ

4月15日から4月18日の4日間は展示替えのためヴェネチアン・グラス美術館を一部休室させていただきます。
それに伴い4日間につきましては入館料金の変更がございます。
大変ご迷惑おかけ致しますが、何卒ご理解ご了承くださいますようお願い申し上げます。

なお、現代ガラス美術館、及びカフェ・レストラン、ミャージアム・ショップし通常通り営業を行なっております。


4月15日から4月18日の臨時料金
大人¥1,000- 大高生¥800- 小中生¥500-
駐車料金:無料

割引券のご利用は出来ません。

2013_04_15_1dx_040.JPG


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 09:57 | TrackBack(0) | インフォメーション

2013年04月14日

ご好評につき「仮面祭」イベント再開催

46-2.jpg

ご好評につき「仮面祭」イベントを今年の年末からも開催いたします。


■ヴェネチア仮面祭 あなたも仮面をつけてみませんか?
期間:2013年12月28日から2014年4月13日
ヴェネチア仮面祭は世界三大カーニバルのひとつ、世界の人々が集まりいつもと違う自分を楽しみます。 箱根ガラスの森美術館では本場ヴェネチアで作られた仮面やマントを身につけて記念撮影などをお楽しみ頂けます。
仮面・マントは無料にてご用意してお待ちしております。


■坪谷 隆写真展
期間:2013年12月28日から2014年4月13日
現在、コマーシャルフォト、ポートレートやテーマ写真など、幅広く活動している坪谷隆が撮る本場ヴェネチアカーニバルの空気、時間、そして情熱をご覧ください。


■ヴェネチア仮面作成工房
期間:2013年12月28日から2014年4月13日
無地の仮面と模様をお選びいただきオリジナル仮面をお作りいただけます。
体験料金:1700円より


■お子様用レンタルドレス
期間:2013年12月28日から2014年4月13日
本場ヴェネチアから直輸入した本格ドレスと仮面をセットでご用意いたしました。身長110p(5才位)から150p 男の子用と女の子用がございます。
貸し出し時間45分 体験料金¥2,000- (プレゼント付)


■ヴェネチア仮面 実演販売
期間:2013年12月27日から2014年1月6日(予定)
ヴェネチアから「イル・テアトリノ」工房の仮面職人であるアレッサンドロ・カレガリ氏をお招きし、ヴェネチア仮面の実演販売をいたします。



posted by 箱根ガラスの森美術館 at 13:17 | TrackBack(0) | イベント

2013年04月13日

コメディア・デラルテの登場人物:コロンビーナ

コメディア・デラルテの登場人物:コロンビーナ
コメディア・デラルテの登場人物:コロンビーナ

アルレッキーノのようにつぎはぎだらけの服を着て、白いエプロンを着けた姿で表される召使です。仮面は着けません。女性的な魅力で周囲を惹きつける一方、抜け目ない性格を求婚し続けるアルレッキーノに見抜かれてしまいます。


2013年仮面祭企画展
Il Mondo Nuovo ─ヴェネチアン・マスクが誘う新たな世界─


静かな冬のヴェネチアでは、春の訪れを告げるように華やかなカーニバル(謝肉祭)が開催されます。カーニバルとは、『カルネ・ヴァーレ=肉よ、さらば』というラテン語に由来し、キリストの40日間の断食修行を追体験する四旬節の一週間前から開かれ、人々は飲食やパレードを大いに楽しみます。ヴェネチアでは、15世紀頃から仮面を着けて仮装するカーニバルが流行し始め、仮面舞踏会や仮面劇といった独自の文化を開花させました。
同じ頃、地中海貿易の重要な支えとなっていたヴェネチアのガラス工芸は、新たな技法が次々と誕生し、透明なガラスやレース模様の食器が貴族の祝宴の食卓を彩りました。17世紀頃から、諸外国でもガラス技術が発展し始めると、多色のエナメル彩が施されたテーブルウェアや、色彩が変化するマーブル・グラス技法の発明など、時代の色調に呼応した作品を生むことで、ヴェネチアのガラス産業は再び注目を集めました。本展は、祝祭の舞台を背景に、大きな発展を遂げた仮面とヴェネチアン・グラスについて、『祝祭都市ヴェネチアの職人たち』、『仮面から生まれた新たな演劇』、『描かれた仮面と人々』という三部構成でご紹介致します。

会期:4月14日(日)まで





posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:57 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2013年04月12日

花桃

花桃
カフェ・レストランの近くに植わっている花桃が満開になりました。


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 13:12 | TrackBack(0) | 庭園・季節の花