箱根ガラスの森美術館

2013年11月02日

ドルチェ・セレナータ特別コンサート 開催中

2013_11_02_1dx_021c.jpg

ドルチェ・セレナータ特別コンサート 開催中

時空を超えた東西の技「モザイク美の世界」展記念企画
悠久のロマンが行き交うコラボレーション

箱根ガラスの森美術館で音楽による東西交流を実現。草原のチェロといわれる馬頭琴の力強くも哀愁を帯びた音色。モンゴル出身のセーンジャー氏によって奏でられる旋律にイタリア出身のエンツォ氏が悠久なる大草原の海原を多彩なピアノアレンジで表現する2人だけの世界。マルコ・ポーロがヴェネチアからシルクロードを辿って東の文化に触れた時の驚き、感動にも似た思いを感じてください。

 演奏日程:11月 2日・3日・4日
 演奏時間:10:30〜10:45・11:30〜11:45
 13:30〜13:45・14:30〜14:45・15:30〜15:45

http://www.ciao3.com/event/dolce_serenata/

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 11:57 | TrackBack(0) | イベント

「モザイク美の世界」展示作品のご紹介:モザイク・グラス碗

「モザイク美の世界」展示作品のご紹介:モザイク・グラス碗

モザイク・グラス碗
1878〜1885年頃(ムラーノ)
推定ヴィンツェンツォ・モレッティ/ヴェネチア・ムラーノ商会
収蔵:ムラーノ・ガラス美術館

黄、青、白、紫色のガラス片を組み合わせ、縁の部分には白と紫色のらせん状のガラスが巻かれた皿。古代ローマ時代のモザイク・グラス
http://blog.ciao3.com/article/66149458.html
と同様の意匠によって制作されている。1878年のパリ万博に出品したヴィンツェンツォ・モレッティの作品に対して、ムラーノ・ガラス美術館の設立者ヴィンツェンツォ・ザネッティは「博覧会に出品されたムリーネ・グラスは、最も厳密な意味で実に斬新であり、さらに言えば、古代ギリシャ、ローマ、ビザンチンの工房で制作されていたものの完璧かつ絶対的な再現である」と賛辞を述べている。

箱根ガラスの森美術館 2013年特別企画展
─時空を超えた東西の技─「モザイク美の世界」
ヴェネチアン・グラスと里帰りした箱根寄木細工
会期:11月24日(日)まで
http://ciao3.com/museum/kikaku/2013_glassmosaic_yosegi/

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 09:23 | TrackBack(0) | 美術館・企画展