箱根ガラスの森美術館

2013年11月12日

「モザイク美の世界」展示作品のご紹介:モザイク・グラス碗

「モザイク美の世界」展示作品のご紹介:モザイク・グラス碗

モザイク・グラス碗
1878年頃(ムラーノ)
ヴィンツェンツォ・モレッティ/ヴェネチア・ムラーノ商会
収蔵:ムラーノ・ガラス美術館

青を基調とした渦巻状のガラス片と半透明のガラス片を組み合わせた作品。サルヴィアーティ工房(後にヴェネチア・ムラーノ商会に一時改名する)は、共同経営者に英国の考古学者オースティン・ヘンリー・レイヤード卿がいたため、古代ローマ時代の遺跡から出土したガラス器の復元に力を入れており、ヴィンツェンツォ・モレッティが古代ローマ時代のモザイク・グラスを復元するにあたって、大きな力となった。


箱根ガラスの森美術館 2013年特別企画展
─時空を超えた東西の技─「モザイク美の世界」
ヴェネチアン・グラスと里帰りした箱根寄木細工
会期:11月24日(日)まで
http://ciao3.com/museum/kikaku/2013_glassmosaic_yosegi/


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 08:48 | TrackBack(0) | 美術館・企画展