箱根ガラスの森美術館

2015年06月16日

伊予の薄墨、黒姫、七段花など開花

2015_06_15_1dx_066.JPG
白富士(シロフジ)が見頃になりました。繊細な八重咲きの山紫陽花です。

2015_06_15_1dx_076.JPG
七段花(シチダンカ)が開花しました。ドイツの医師・博物学者であるフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトの日本植物誌で紹介されましたが、長年人目に触れる事無く、幻のあじさいと呼ばれていました。樹高は腰丈ほどの目立たないあじさいで、淡い青紫の繊細な八重咲きです。

2015_06_15_1dx_079.JPG
黒姫(クロヒメ)が開花が始まりました。茎が黒っぽいのが特徴の山紫陽花です。

2015_06_15_1dx_085.JPG
伊予の薄墨(イヨノウスズミ)が開花しました。開花が進むと濃紺から黒紫になっていく山紫陽花です。




posted by 箱根ガラスの森美術館 at 16:30 | TrackBack(0) | あじさい開花状況