箱根ガラスの森美術館

2015年09月10日

展示作品のご紹介:ガラス熔着装飾瓶

展示作品のご紹介:ガラス熔着装飾瓶

ガラス熔着装飾瓶
6-8世紀|出土地:シリア

5世紀に西ローマ帝国が崩壊すると、東地中海のガラス製造技術の水準は徐々に低下していく。装飾の多様性が失われていくローマン・グラスの中で最も頻繁に使用された装飾が、ガラスの粘着性を利用して紐状のガラスを容器に装飾した紐装飾や貼付装飾である。ローマ帝国の支配下にあったシリアでは、水差しの首やコップに紐を一重に巻いたものや、紐装飾を把手のように施した壺等が多く制作された。632年以降は次第にイスラム的装飾様式が主流となる。


2015年特別企画展:魅惑の香水瓶 ─貴族が愛した香りの芸術─


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 17:46 | TrackBack(0) | 美術館・企画展