箱根ガラスの森美術館

2015年10月18日

展示作品のご紹介:コア・グラス両手付香油瓶

コア・グラス両手付香油瓶

コア・グラス両手付香油瓶
紀元前2〜1世紀|エジプト出土

油に香りを染み込ませて制作された香油を入れるためのガラス器。耐火粘土で制作された芯に熔かしたガラスを巻きつけ、固まった後に内部の粘土を掻き出して一点一点制作された為、当時は王や王妃など限られた権力者しか使用できない貴重品であった。

2015年特別企画展:魅惑の香水瓶 ─貴族が愛した香りの芸術─


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 17:09 | TrackBack(0) | 美術館・企画展