箱根ガラスの森美術館

2016年03月24日

プレスリリース:炎と技の芸術 ヴェネチアン・グラス展

プレスリリース:炎と技の芸術 ヴェネチアン・グラス展

イタリアと日本が国交を樹立して150年を迎える今年、箱根ガラスの森美術館も開館20周年を迎えます。本展では、イタリア・ヴェネチアで1000年を超える時の中で受け継がれてきた技と炎によって制作されたヴェネチアン・グラスの名品約100点を展観します。
ガラス工芸史にも大きな功績を残し人々を魅了したエナメル彩、レース・グラス、熔着装飾、色彩表現、モザイク・グラスの5つのヴェネチアン・グラスを代表する制作技法がなぜ生まれ、奇跡の名品が誕生したのか、その背景をたどり、ヴェネチアン・グラスの魅力の原点に迫ります。

【タイトル】炎と技の芸術 ヴェネチアン・グラス展
【会期】2016年4月29日(祝 金)〜11月23日(祝 水)
      午前9時〜午後5時30分(入館は閉館の30分前まで・会期中無休)
【会場】箱根ガラスの森美術館
【主催】毎日新聞社、箱根ガラスの森美術館
【後援】ヴェネチア市立美術館総局、イタリア大使館、イタリア文化会館、箱根町
【協 力】ムラーノ・ガラス美術館、一般財団法人 箱根町観光協会、小田急グループ
【入館料金】(税込) 一般1,500円 高大生1,100円 小中生600円
【出品点数】約100点

プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 15:03 | TrackBack(0) | 美術館・企画展