箱根ガラスの森美術館

2017年05月05日

展示作品のご紹介:長頸瓶

展示作品のご紹介:長頸瓶
長頸瓶(1世紀初頭〜中頃)
宙吹き成形された長頸瓶。このような長頸瓶は「バルサマリウム」と呼ばれ、香油などを入れるために使用されたと考えられる。表面が所々クレーター状に風化している。

ヴェネチアン・グラス二千年の旅展

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 19:52 | TrackBack(0) | 美術館・企画展