箱根ガラスの森美術館

2020年07月08日

収蔵作品のご紹介:アイス・クラック手付容器

収蔵作品のご紹介:アイス・クラック手付容器
アイス・クラック手付容器
(16世紀末|ヴェネチア)

16世紀中頃にヴェネチアで開発されたアイス・クラック技法で作られた手付容器で、開口部を8角形に作り、胴部にトルコ・ブルーの珠玉を4箇所熔着している。銀器等で作られていたルネサンス時代の手付容器の器形を採用したもの。この作品には胴のくびれた部分と張りのある部分にヴェネチアン・グラス特有のリボン装の紐飾りが付けられている。この作品の類型品はムラノ島ガラス美術館をはじめ、ヨーロッパの工芸美術館のガラス部門に所蔵されている。

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 12:26 | TrackBack(0) | 美術館収蔵作品のご紹介