箱根ガラスの森美術館

2020年08月04日

収蔵作品のご紹介:ドルフィン形脚オパールセント・グラス・コンポート

収蔵作品のご紹介:ドルフィン形脚オパールセント・グラス・コンポート
ドルフィン形脚オパールセント・グラス・コンポート
(20世紀|ヴェネチア)

ムラノ島で500年以上の伝統を誇る名門ガラスー族の末裔であるエルコレ・バロヴィエールとアルテミオ・トーゾ、デチオ・トーゾ兄弟の共同経営よって設立された「バロヴィエール&トーゾ社」(1936年設立)の装飾コンポート。 19世紀にサルヴィアーテイ工房の人気商品として発表された海棲動物シリーズのモチーフを継承したドルフィンの装飾脚を持つ美しいオパールセント・グラスである。

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 11:58 | TrackBack(0) | 美術館収蔵作品のご紹介