箱根ガラスの森美術館

2022年01月23日

展示作品のご紹介:中空脚坏

展示作品のご紹介:中空脚坏
中空脚坏
(18世紀|ヴェネチア)

16世紀に作られたヴェネチアのクリスタルガラスは、中北部ヨーロッパ地方で人気を博して、盛んに輸出された。薄手で軽く、美しい造形は、その後の時代にも継承されて、ヴェネチアン・グラスの堅実な輸出アイテムのグラス・シリーズとして、後世まで作り続けられた。この作品は、素材の質や作品の器形が微妙に変化している点からみて、18世紀あるいはもっと後世の作品と推定される。

展示作品のご紹介:中空脚坏

ヴェネチアン・グラスが誘うグランドツアー
〜遥かな時代のヴェネチア旅へ〜


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 12:00 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

光の回廊


光の回廊
庭園からヴェネチアン・グラス美術館エントランスへ続く橋にかけられた、高さ約9m、全長約10mのクリスタル・ガラスのアーチ。約16万粒のクリスタル・ガラスが箱根を渡る風にゆれ、様々な表情を見せてくれます。


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 11:19 | TrackBack(0) | 庭園・季節の花