箱根ガラスの森美術館

2022年06月28日

展示作品のご紹介:点彩扁瓶

展示作品のご紹介:点彩扁瓶
点彩扁瓶
(16世紀|ヴェネチア)

ラッティモと呼ばれる乳白色ガラスの代表的作品で、中国の白磁器への憧れから、16世紀頃にガラス製の模造磁器として盛んに作られました。平たい瓶の器形は、聖地の聖水を汲んでくる巡礼瓶にその形式の源流があります。


〜響き合う東西の美〜 ガラス・アートの世界



posted by 箱根ガラスの森美術館 at 08:51 | TrackBack(0) | 美術館・企画展