箱根ガラスの森美術館

2014年10月30日

展示作品のご紹介:グッゲンハイム坏

展示作品のご紹介:グッゲンハイム坏

グッゲンハイム坏
1875年|ヴェネチア
ジュゼッペ・バロヴィエール制作/サルヴィアーティ工房

1875年に実業家であるミケランジェロ・グッゲンハイムの所有していた作品に基づいて作られた装飾坏であったことから、「グッゲンハイム坏」の名称が付けられた作品である。中空のバラスター・ステムが四段に作られ、それぞれの間を繋いで、四方にガラス紐飾りが付けられている。坏身の下部には、突起の付いたリブ飾りが付けられており、同様の技法で装飾を施した蓋がつけられている。この蓋も、手持坏として使えるようになっている。極めて装飾的なワイングラス、通称ポカール(ドイツ語)と呼ばれているグラスである。この作品は、ジュゼッペ・バロヴィエールがサルヴィアーティ工房の人気商品として制作したものである。


「‐華麗なるヴェネチアン・グラス‐ 祝宴の器展」 展覧会図録
B6版 96項 1600円(税込)

■図録通信販売
現金書留で、郵便番号、住所、氏名、電話番号を明記し、一冊代金2100円(送料込)を以下の住所に送付してください。

〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940-48
「箱根ガラスの森美術館 祝宴の器展図録係」


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:27 | TrackBack(0) | 美術館・企画展
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105062734
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック