箱根ガラスの森美術館

2018年04月16日

─奇跡のガラスを生んだ─ 華麗なるバロヴィエール一族展

09.13_07_1.jpg

箱根ガラスの森美術館 2018年特別企画展
─奇跡のガラスを生んだ─ 華麗なるバロヴィエール一族展
会期:4月28日(土)から11月25日(日)まで。

ガラス職人の一族バロヴィエール家は、15世紀に世界初の透明ガラスを発明したアンジェロから、19世紀に糸のように細い脚で自立するガラスの制作に成功したジュゼッペに至るまで、常にガラスの可能性に挑戦しヴェネチアン・グラスの発展に深く関わってきました。
本展では、バロヴィエール家の名工達が発明した数々の技法を紹介するとともに、世界でも現存数の少ない「風にそよぐグラス」や、日本初公開となるバロヴィエール家のコレクションを含め約80点を展示し、バロヴィエール一族の探究心に迫ります。


主催:ヴェネチア市立美術館総局、箱根ガラスの森美術館、毎日新聞社
後援:イタリア大使館、イタリア文化会館、箱根町
協力:ムラーノ・ガラス美術館、一般財団法人 箱根町観光協会、小田急グループ、
ガラス史家 ローザ・バロヴィエール・メンタスティ、ビーズ・コレクター オーガスト・パニーニ

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 20:06 | TrackBack(0) | 美術館・企画展
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182995041
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック