箱根ガラスの森美術館

2018年10月14日

展示作品のご紹介:バラ装飾モザイク・グラス花器

展示作品のご紹介:バラ装飾モザイク・グラス花器
バラ装飾モザイク・グラス花器
(1914年|ヴェネチア|アルティスティ・バロヴィエール工房|デザイン&制作:ジュゼッペ・バロヴィエール)

「花の展示会」の頭文字と開催年を表す「FMF 1914」のイニシャルが入ったモザイク・グラスの花器。1914年にドゥカーレ宮殿で開催された「花の展示会」に出品された作品の一つと考えられ、ジュゼッペ・バロヴィエールは、これらの出品作品でグランプリを受賞した。宙吹き成形された器の表面に熔着されたバラの花と葉の形をしたガラス片は、大変繊細に制作されており、他のモザイク・グラスとは一線を画している。

箱根ガラスの森美術館2018年特別企画展
─奇跡のガラスを生んだ─ 華麗なるバロヴィエール一族展

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 09:50 | TrackBack(0) | 美術館・企画展
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184677979
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック