箱根ガラスの森美術館

2019年04月18日

収蔵作品のご紹介『TORO(雄牛)』

収蔵作品のご紹介『TORO(雄牛)』
TORO(雄牛)
(1954年|ヴェネチア|P.ピカソ-E.コスタンティーニ)

スペイン出身のパブロ・ピカソは、牛や闘牛をテーマとした作品を以前から制作していたが、1954年にエジディオ・コスタンティーニと出会い、ガラス彫刻の制作に参加した。ガラスの雄牛は、宙吹き技法で背の盛り上がりや、全体のボリュームを表現しながらも、ガラス特有の軽やかさを生かした作品となった。また、雄牛の角の下には、不思議な表情をした顔のような表現もされている。ピカソは、心の動きや精神が現れる「顔」を表現した様々な作品を多数制作している。

ピカソ・シャガールたちのヴェネチアン グラス彫刻展


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 14:25 | TrackBack(0) | 美術館収蔵作品のご紹介
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185877748
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック