箱根ガラスの森美術館

2019年06月11日

展示作品のご紹介:バッカスの巫女

展示作品のご紹介:バッカスの巫女
バッカスの巫女
(1954|O.ココシュカ-E.コスタンティーニ)
右脚を岩の上に立てて赤褐色の杯を持ち上げながら、上を見上げるバッカス神の巫女。
幼少期から母親のワイン店で過ごしたコスタンティーニは「ワインはまずもって器とその中身との間で行われる瞑想」と話し、ブドウやワインをテーマとした作品に関心を示していた。後に自らもワインの名産地をテーマにしたワインボトルシリーズを制作する。

ピカソ・シャガールたちのヴェネチアン グラス彫刻展

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 18:25 | TrackBack(0) | 美術館・企画展
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186083540
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック