箱根ガラスの森美術館

2020年06月28日

収蔵作品のご紹介:レース・グラス・コンポート

収蔵作品のご紹介:レース・グラス・コンポート
レース・グラス・コンポート
(17世紀初|ヴェネチア)

2種類のレース・グラス棒を並べ、イタリア語でレトルティと呼ばれる模様に仕上げたコンポートで、非常に薄く作られている。高脚台も、同じ模様のレース・グラスで作られているが、皿、高脚台それぞれ別に作り、熔着している。高脚台には、無色透明の紐状のガラスでぐるりと一周装飾がつけられている。高脚台の縁は内側に折り返してある。

収蔵作品のご紹介:レース・グラス・コンポート

収蔵作品のご紹介:レース・グラス・コンポート

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 09:28 | TrackBack(0) | 美術館収蔵作品のご紹介
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187641892
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック