箱根ガラスの森美術館

2020年09月09日

収蔵作品のご紹介:点彩花文蓋付ゴブレット

点彩花文蓋付ゴブレット
 (1500年頃|ヴェネチア)

ヴェネチアン・グラスの黄金時代に制作された作品のなかで、名品と讃えられた作品。イスラムの華といわれる点彩文様とビザンチン様式の器形の醸し出す独特の雰囲気は、東西文化交流の要所として繁栄したヴェネチアをもっとも象徴的に表現しています。

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 08:34 | TrackBack(0) | 美術館収蔵作品のご紹介
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187894955
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック