箱根ガラスの森美術館

2021年03月01日

プレスリリース:第14回 東日本大震災 ワンコインチャリティ美術館

第14回ワンコインチャリティ美術�館_実施のご案内_0302改訂版.jpg

箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正雀)は東日本大震災の被災地支援のために、2011年3月より13回にわたり「ワンコインチャリティ美術館」に取組み、 計49日間、82,418名の方々から総計42,352,838円のご協力を頂きました。震災から10年目を迎える本年も2021年3月11日(木)に「ワンコインチャリティ美術館」第14回目を実施いたします。
東日本大震災の発生から間もなく10年目を迎えます。あの時から続く被災地の辛い苦しみや悲しみを忘れないために、また現在"夢や希望”を持ち、次のステップへと前進していく被災地の方々を「ワンコインチャリティ美術館」を通して応援いたします。報道関係の皆様のお力添えをよろしくお願い申し上げます。


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 08:21 | TrackBack(0) | プレスリリース
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188441407
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック