箱根ガラスの森美術館

2021年12月14日

展示作品のご紹介:バーリの聖ニコラウス文聖水瓶

展示作品のご紹介:バーリの聖ニコラウス文聖水瓶
バーリの聖ニコラウス文聖水瓶

(16世紀|ヴェネチア)
胴部両側にガラスのリボン装飾が付けられた聖水容器。表側にはサンタクロースのモデルである聖ニコラウスが司祭服姿で描かれています。聖ニコラウスは四世紀のトルコで司教を務めていた人物で、様々な伝説が残されています。
なかでも、三人の貧しい娘を身売りから救うため、お金の入った袋を窓から家に投げ入れた話は広く知られており、その慈愛に満ちた姿から、子供たちにクリスマスプレゼントを届けるサンタクロースへと変化しました。 


ヴェネチアン・グラスで巡るクリスマス展〜クリスマスに込められた感謝の祈り〜
イタリアのクリスマスをヴェネチアン・グラスで巡りながら「祈りの聖地」をテーマに活動している写真家、中野 晴生氏の作品と合わせて、クリスマスに込められた感謝の祈りをご紹介します。

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 11:54 | TrackBack(0) | 美術館・企画展
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189200997
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック