箱根ガラスの森美術館

2022年06月26日

展示作品のご紹介:人物行列文壺

E9wlVQYVIAAdgMO.jpg

人物行列文壺
(1500年頃|ヴェネチア )

球形の胴部に、円錐形の首部、胴と一体化した高台部からなるコバルト・ブルーの小壷。上下部に点彩と金彩で縁どりを施し、胴部には白馬にまたがる天使や、イタリア・ルネサンス時代のコスチュームを纏った人々の行列が描かれている。
15世紀末頃より、エナメル彩技法の作品には人物表現が導入されるようになったが、この様な小壷に描いたものは珍しい。


〜響き合う東西の美〜 ガラス・アートの世界

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 11:46 | TrackBack(0) | 美術館・企画展
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189626130
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック