箱根ガラスの森美術館

2009年08月22日

収蔵作品のご紹介 レース・グラス蓋付ゴブレット

レース・グラス蓋付ゴブレット


レース・グラス蓋付ゴブレット
16世紀末〜17世紀初 ヴェネチア

レース・グラスとは、乳白色と透明なガラスで様々ならせん模様のガラス棒を作り、それらを組み合わせることによって、美しいレース模様を表現したガラス器です。
この作品は、その優美な姿から、「ガラスの貴婦人」とも呼ばれています。
posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:12 | TrackBack(0) | 美術館収蔵作品のご紹介
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32362747
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック