箱根ガラスの森美術館

2011年02月06日

プレスリリース ヴェネチア仮面祭特別コンサート

箱根ガラスの美術館(館長 岩田正崔)では、2月の土・日曜日に、世界中で活躍しているバイオリン奏者ポール・フロレア氏とアコーディオン奏者モレノ・ブッソレッティ氏による特別コンサートを開催いたします。
中でも「ヴェニスの謝肉祭」の演奏では、3月31日まで開催の「ヴェネチア仮面祭」のイベントにちなみ、仮面とマントを身に着けたお客様に曲に合わせて、踊りを楽しんでいただきます。

ポール・フロレア Paul Florea
バイオリン奏者。
音楽一家の中で育ったエンターテイナーバイオリニスト。ギリシャ、イタリア、ドイツ、スペイン、トルコなどで音楽ツアーやコンサートを行う。音楽・番組制作、編曲、コンサルティングの高いスキルを持つ。

モレノ・ブッソレッティ Moreno Bussoletti
アコーディオン奏者。
アコーディオン作りの地として世界的に有名なイタリアのカステルフィダルド近郊で生を受ける。11歳から音楽家としての教育を受け、ピアノやアコーディオンの学位を得る。15歳からプロ活動を始めている。


期  間:2月の土・日曜日(5、6、12、13、19、20、26、27 日)
公演時間:10:30、11:30、13:30、14:30、15:30( 各回15 分間)
公演場所:ヴェネチアン・グラス美術館内
内  容:クラシックを中心としたヴァイオリンとアコーディオンの演奏に合わせて、仮面とマント を着用したお客様と踊りを楽しむイベントを開催。



プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 12:48 | TrackBack(0) | プレスリリース
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43267212
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック