箱根ガラスの森美術館

2013年04月28日

「モザイク美の世界」展示作品のご紹介:飾棚

「モザイク美の世界」展示作品のご紹介:飾棚

飾棚
明治時代(箱根)
収蔵:金子皓彦

透かし彫りの葡萄唐草文の支えの上に、左右一対の棚が載せられた飾棚。中央には糸瓜の透かし彫りも施されている。随所の透かし彫りと寄木細工文様が装飾されたひきだしのバランスが空間を効果的に演出している。



箱根ガラスの森美術館 2013年特別企画展
─時空を超えた東西の技─「モザイク美の世界」
ヴェネチアン・グラスと里帰りした箱根寄木細工

会期:4月20日(土)から11月24日(日)


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:26 | TrackBack(0) | 美術館・企画展
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65802009
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック