箱根ガラスの森美術館

2013年04月30日

「モザイク美の世界」展示作品のご紹介:ミルフィオリ・グラス・ランプ

「モザイク美の世界」展示作品のご紹介:ミルフィオリ・グラス・ランプ

ミルフィオリ・グラス・ランプ
1910年頃(ヴェネチア)
フラテッリ・トーゾ工房
収蔵:箱根ガラスの森美術館

様々なミルフィオリ・グラスを使い作られたランプで、ランプシェード、台がガラスでできている。台とランプシェードは、金具でつなげられ、その金具に電球のソケットがつけられている。この作品はモザイク・グラス片を一枚の板状に熔着した後、小量のガラス種に巻きとって、成形しており、透明ガラスとミルフィオリ・グラスの二層になっている。



箱根ガラスの森美術館 2013年特別企画展
─時空を超えた東西の技─「モザイク美の世界」
ヴェネチアン・グラスと里帰りした箱根寄木細工

会期:4月20日(土)から11月24日(日)


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 09:13 | TrackBack(0) | 美術館・企画展
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65995815
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック