箱根ガラスの森美術館

2013年07月21日

「モザイク美の世界」展示作品のご紹介:モザイク・グラス装飾付小型手文庫

「モザイク美の世界」展示作品のご紹介:モザイク・グラス装飾付小型手文庫

モザイク・グラス装飾付小型手文庫
1873〜77年頃 (ムラーノ) サルヴィアーティ工房
幅44.0×奥17.5×高37.0mm
ムラーノ・ガラス美術館 収蔵


18世紀頃からヨーロッパでは東洋の家具を模したものが作られるようになった。特に黒い漆の光沢や螺鈿による装飾などが、ヨーロッパでもてはやされた。この手文庫は必ずしも東洋的な意匠を意識したものではないが、黒地の上に、様々な模様のモザイク・グラス片やガラス玉を嵌め込んでいる。

箱根ガラスの森美術館 2013年特別企画展
─時空を超えた東西の技─「モザイク美の世界」
ヴェネチアン・グラスと里帰りした箱根寄木細工
会期:11月24日(日)まで 
http://ciao3.com/museum/kikaku/2013_glassmosaic_yosegi/


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:12 | TrackBack(0) | 美術館・企画展
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71166540
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック