箱根ガラスの森美術館

2013年10月31日

プレスリリース:絶景の紅葉&ひと足早い午年が楽しめる箱根ガラスの森美術館イベント

─紅葉の山々と光輝くクリスタル・ガラスの庭園─秋の箱根ガラスの森美術館( 館長 岩田正崔) の庭園は、紅葉とクリスタル・ガラスの輝きで彩られます。

庭園からヴェネチアン・グラス美術館エントランスへ続く橋にかけられたクリスタルガラスのアーチ。
高さ約9m、全長約10m、約16 万粒のクリスタルガラスが箱根を渡るそよ風にゆれ、キラキラと様々な表情を見せてくれます。山々が紅く色付く秋は、周囲の色彩を映し出し秋風に揺れ、一年で最も強く輝く季節になります。

紅葉と秋風に輝くクリスタル・ガラスの競演 箱根の紅葉時期・見頃:11月中旬(例年)



─東西の技の競演が見られる特別企画展〜 11/24 まで─

特別企画「〜時空を超えた東西の技〜モザイク美の世界 ヴェネチアン・グラスと里帰りした箱根寄木細工」展
ヴェネチアン・グラス美術館では11/24(日)まで特別企画展「〜時空を超えた東西の技〜モザイク美の世界 ヴェネチアン・グラスと里帰りした箱根寄木細工」展を開催中です。本展ではヴェネチアのモザイク・グラス90点と、ヨーロッパから里帰りした日本のモザイク作品である箱根寄木細工約30点合わせて約120点を一堂に展観します。ガラスと木という異なる素材が織り成す多彩なモザイク美の競艶をお楽しみください。



─来年は午年です。早くも馬モチーフを彫刻実演します─

世界のガラスを扱う箱根ガラスの森美術館ミュージアムショップは、チェコ共和国が世界に誇る「エーゲルマンガラス」を特集します。 開催期間中、エーゲルマン社からガラス彫刻家、ヴァーツラフ・バロウン氏をお招きし、ガラス彫刻の実演を行います。
今回は、バロウン氏が2014 年の干支 「午」のモチーフを新たにデザインし、深紅のガラスに彫り込んだオールド・グラスが登場!躍動感あふれる3つのポーズは、馬のモチーフに込められた「力」、「財」、「成」を見事に表現しています。箱根ガラスの森美術館でしか手に入らないオリジナルグラスをこの機会に是非、ご覧ください。

場所:ミュージアムショップ2 階 (箱根ガラスの森美術館 館内)
期間: 2013 年10 月30 日(水)から11 月4 日(月)(予定)
時間:10:00 〜 16:30 ( 予定)
形状:オールドグラス、ワイングラス、タンブラーなど。他バロウン氏の大作も展示中
絵柄:2014 年干支 「午」、誕生花、ハンティングシーンなど多数ご用意 

*期間中は購入されたお客様にはイニシャルの彫刻も承ります。



─来年の午年に先駆けて馬頭琴のスペシャルコンサート─

箱根ガラスの森美術館で音楽による東西交流を実現。草原のチェロといわれる馬頭琴の力強くも哀愁を帯びた音色。モンゴル出身のセーンジャー氏によって奏でられる旋律にイタリア出身のエンツォ氏が悠久なる大草原の海原を多彩なピアノアレンジで表現する2 人だけの世界。マルコ・ポーロがヴェネチアからシルクロードを辿って東の文化に触れた時の驚き、感動にも似た思いを感じてください。

場所:ヴェネチアン・グラス美術館 館内
期間:2013 年11 月2 日(土)から11 月4 日(月)(予定)
時間:10:30〜、11:30〜、13:30〜、14:30〜、15:30〜(予定)各15分間演奏



─秋のモチーフを作って楽しむ─

館内2ケ所にある体験工房では、手作りアクセサリーやオリジナルの模様を入れたマイグラスをお作りいただけます。期間限定のススキ柄の他、秋モチーフのオリジナルグラスやアクセサリーをご用意しております。


プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:42 | TrackBack(0) | プレスリリース
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79571628
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック