箱根ガラスの森美術館

2014年07月28日

展示作品のご紹介:レース・グラス樽形酒器

展示作品のご紹介:レース・グラス樽形酒器

レース・グラス樽形酒器
17世紀|ヴェネチア

黄色と乳白色のガラスのレース棒で樽形に作った酒器。首部の両側に付けられたひれ飾りは、16〜17世紀の形式で、ヴェネチアン・グラス特有のもの。レース・グラスで作られたこのような酒樽形の容器は珍しい例で、現存する類例は、ドイツの個人コレクションなどに数例みられるのみである。


「‐華麗なるヴェネチアン・グラス‐ 祝宴の器展」 展覧会図録
B6版 96項 1600円(税込)



posted by 箱根ガラスの森美術館 at 09:58 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2014年07月24日

展示作品のご紹介:レース・グラス二重コンポート

展示作品のご紹介:レース・グラス二重コンポート

レース・グラス二重コンポート
17世紀|ヴェネチア

レース棒にはいろいろな作り方がある。この作品のレース棒は、乳白色のガラス棒を無色のガラスに巻き付けて、捻りながら引き延ばして細かく作った棒を素材として使っている。したがって、全体が透明度の高いレース・グラスとなっている。小型の二重方形のコンポートに作られており、17世紀にはこの器形の食器が、特定用途のために作られたらしく、レース・グラス以外の材でも作られている。おそらくは、ソースや調味料入れの器であろう。

「‐華麗なるヴェネチアン・グラス‐ 祝宴の器展」 展覧会図録
B6版 96項 1600円(税込)



posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:51 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2014年07月22日

展示作品のご紹介:レース・グラス水差

展示作品のご紹介:レース・グラス水差

展示作品のご紹介:レース・グラス水差[重要文化美術品]
16世紀中頃|ヴェネチア|ムラーノ・ガラス美術館所蔵

「レティチェッロ」と呼ばれる、レース・グラス技法で作られた水差。器全体が格子模様で構成されているのが特徴で、レース・グラスの技法の中で最も高度な技術を必要とする。レース・グラス技法は、16世紀中頃より貴族の衣装を飾っていた美しいレース編みを連想させ、精緻で繊細なこの技法はヴェネチアン・グラスの代名詞となり、門外不出の秘法として守られることとなった。

「‐華麗なるヴェネチアン・グラス‐ 祝宴の器展」 展覧会図録
B6版 96項 1600円(税込)



posted by 箱根ガラスの森美術館 at 18:30 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2014年07月14日

展示作品のご紹介:バルバリゴ家紋章文皿

バルバリゴ家紋章文皿

バルバリゴ家紋章文皿 [重要文化美術品]
15世紀末−16世紀初頭|ヴェネチア|ムラーノ・ガラス美術館所蔵

エナメル彩と金彩で装飾された皿。中央部の紋章はバルバリゴ家のもので、その頂にはヴェネチア共和国のドージェを象徴するコルノ帽が描かれていることから、マルコ(在位1485−1486)がドージェに選出された1485年以降に制作されたものと推測される。15世紀末頃は、王侯貴族たちの間でエナメル彩や金彩で装飾されたヴェネチアン・グラスが人気を博し、自らの紋章を入れて発注した。


「‐華麗なるヴェネチアン・グラス‐ 祝宴の器展」 展覧会図録
B6版 96項 1600円(税込)


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 21:07 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2014年07月12日

吊下型ランプ(チェセンデッロ)

箱根ガラスの森美術館 2014年特別企画展 展示作品のご紹介
吊下型ランプ(チェセンデッロ)
[重要文化美術品]
16世紀初頭|ヴェネチア|ムラーノ・ガラス美術館所蔵

「チェセンデッロ」と呼ばれる吊下型のランプ。器全体にエナメル彩で点彩模様の装飾が施され、下部にティエポロ家の紋章が描かれている。ティエポロ家はダンドロ家と並ぶヴェネチアの名家であり、ヴェネチア共和国第43代ドージェにヤコポ(在位1229−1249)が、第46代ドージェにロレンツォ(在位1268−1275)が選出されている。チェセンデッロは通常、教会で使用されるが、この作品はティエポロ家の紋章が入っているため、私的な礼拝堂で使われたものと推定される。

吊下型ランプ(チェセンデッロ)

「‐華麗なるヴェネチアン・グラス‐ 祝宴の器展」 展覧会図録
B6版 96項 1600円(税込)


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:12 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2014年07月11日

アルヴィーゼ・モチェニーゴ4世の肖像画

アルヴィーゼ・モチェニーゴ4世の肖像画

箱根ガラスの森美術館 2014年特別企画展 展示作品のご紹介
「アルヴィーゼ・モチェニーゴ4世の肖像画」
18世紀|ヴェネチア|モチェニーゴ宮殿美術館所蔵

アルヴィーゼ・モチェニーゴ4世は、1763年にヴェネチア共和国の第118代ドージェ(提督)に就任し、1778年まで在任した。後方が角のような形をしたコルノ帽と同じ生地で作られた金の衣装をまとい、その上からドージェの清廉潔白を象徴するオコジョの毛皮のマントを羽織っている。
ドージェとはヴェネチア共和国をはじめとする海洋共和国の国家元首のことで、彼が属するヴェネチアの名門モチェニーゴ家は、12世紀から7名ものドージェを輩出しており、彼もまた優れた外交手腕を持ち合わせ、ヴェネチア共和国を治めたドージェのうちの一人である。


「‐華麗なるヴェネチアン・グラス‐ 祝宴の器展」 展覧会図録
B6版 96項 1600円(税込)




posted by 箱根ガラスの森美術館 at 11:31 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2014年07月07日

「‐華麗なるヴェネチアン・グラス‐ 祝宴の器展」 展覧会図録

「‐華麗なるヴェネチアン・グラス‐ 祝宴の器展」 展覧会図録

「‐華麗なるヴェネチアン・グラス‐ 祝宴の器展」 展覧会図録
B6版 96項 1600円(税込)
展示作品中59点掲載

 特別企画「‐華麗なるヴェネチアン・グラス‐祝宴の器展」の展示作品の中から、ムラーノ・ガラス美術館所蔵の重要文化美術品を含む、厳選した59点の作品図版や解説などを掲載。祝宴を華麗に彩ったヴェネチアン・グラスから、18世紀のヴェネチア貴族のファッションや絵画、またヴェネチアで創作活動を行い、世界的評価の高い大平 洋一氏による現代のヴェネチアン・グラスをご紹介した一冊です。

※掲載作品に関して
都合により、実際の展示作品とは異なる作品を掲載している箇所がございます。



posted by 箱根ガラスの森美術館 at 14:31 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

リヴィオ セグーゾ展 ─光の詩・ヴェネチア現代彫刻の巨匠─

lsl.jpg

リヴィオ セグーゾ展 ─光の詩・ヴェネチア現代彫刻の巨匠─

2014年7月19日(土)〜2015年3月22日(日)

ヴェネチアでは卓越したガラス技術が約1000年もの間、職人たちを通して受け継がれてきました。ガラスの伝統技術を幼少より学んできたリヴィオ セグーゾ(1930〜)は、現代彫刻作家として光と空間の関係を研究し、改めてガラスという素材に向き合っていきます。そのなかで、伝統的なヴェネチアン・グラスの装飾技法から離脱し、無色透明で洗練されたガラス彫刻の世界に魅せられていきました。
以来、透明なガラスと異素材である大理石や木材、金属などを組み合わせ、調和と叙情性を秘めた作品群を生み出しました。
本展では、セグーゾが追い求めてきた、ガラスと様々な素材が奏でる美しい作品をご紹介していきます。新たなガラス彫刻の世界をご高覧ください。


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 11:37 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2014年07月03日

リヴィオ セグーゾ展 ─光の詩・ヴェネチア現代彫刻の巨匠─

eg.jpg

リヴィオ セグーゾ展 ─光の詩・ヴェネチア現代彫刻の巨匠─

2014年7月19日(土)〜2015年3月22日(日)

ヴェネチアでは卓越したガラス技術が約1000年もの間、職人たちを通して受け継がれてきました。ガラスの伝統技術を幼少より学んできたリヴィオ セグーゾ(1930〜)は、現代彫刻作家として光と空間の関係を研究し、改めてガラスという素材に向き合っていきます。そのなかで、伝統的なヴェネチアン・グラスの装飾技法から離脱し、無色透明で洗練されたガラス彫刻の世界に魅せられていきました。
以来、透明なガラスと異素材である大理石や木材、金属などを組み合わせ、調和と叙情性を秘めた作品群を生み出しました。
本展では、セグーゾが追い求めてきた、ガラスと様々な素材が奏でる美しい作品をご紹介していきます。新たなガラス彫刻の世界をご高覧ください。


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 16:46 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2014年06月22日

展示作品のご紹介:メディチ家紋章文コンポート

メディチ家紋章文コンポート

メディチ家紋章文コンポート
16世紀初(ヴェネチア)

エナメル彩を用いて、紋章と縁取りの点彩文様を描いたコンポートです。中央に描かれている紋章は、教皇を表す三層宝冠とメディチ家の赤い丸薬の紋章を組み合わせたものです。このコンポートが制作された16世紀、メディチ家は2人の教皇を輩出しました。そのどちらかの教皇就任を記念して、制作されたものと考えられます。


箱根ガラスの森美術館2014年特別企画展
「─華麗なるヴェネチアン・グラス─ 祝宴の器展」



posted by 箱根ガラスの森美術館 at 14:23 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2014年05月11日

特別展示:大平 洋一の祝宴のモダン・ヴェネチアン・グラス坏

特別展示:大平 洋一の祝宴のモダン・ヴェネチアン・グラス坏

大平 洋一氏は、見事な職人技によって創作された、美しく高貴なヴェネチアン・グラスに魅せられ、37年間ヴェネチアに滞在。吹きガラス職人のジュリアーノ・リオーダ氏などと共同制作を行い、「ジュエル・ワイングラス」シリーズを生み出しました。
「ジュエル・ワイングラス」は、坏と脚部の接合部にガラスで造形化した宝石がさりげなくあしらわれ、気品を感じさせます。古典的でありながらも、高雅で、遊び心や粋なセンスを感じさせる現代の祝宴にふさわしい作品です。

会期:2014年11月24日まで


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 08:36 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2014年05月04日

お子様向け ゴールデンウィーク 美術館ワークシート

箱根ガラスの森美術館では、ゴールデンウイーク・ワークシートが開催中です。 初級・中級・上級の3種類のワークシートをご用意。楽しみながらヴェネチアン・グラスについて学べます。

会期:5月6日まで
美術館入口で受け付けています。
受付時間:9:00〜16:30

参加費:無料 (ご入館料のみ:大人¥1,500 大高生¥1,100 小中生¥600 )

2014gwh.jpg
上級ワークシートPDF

2014gwm.jpg
中級ワークシートPDF

2014gwl.jpg
初級ワークシートPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:26 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2014年04月19日

─華麗なるヴェネチアン・グラス─ 祝宴の器展

本日4月19日から開催
箱根ガラスの森美術館2014年特別企画展
「─華麗なるヴェネチアン・グラス─ 祝宴の器展」

20141419p.jpg

貿易で栄えた水の都ヴェネチア。ヴェネチアの貴族たちは祝宴を行う際に、室内装飾から饗される料理や器に至るまで細やかな配慮を施し、最高の演出で人々をもてなしました。中でも、ヴェネチアのガラス職人たちが卓越した技術で作り出す色彩豊かなガラス器は、宴の席で美酒や美食に華を添え、ヴェネチアのみならず欧州各国においても高い評価を受けていました。
本展覧会は、往時の王侯貴族たちが豪華絢爛な雰囲気の中で繰り広げた祝宴の様子を、華麗なヴェネチアン・グラス約100点でご紹介いたします。

会期:2014年4月19日(土)から11月24日(月祝)

http://www.ciao3.com/museum/kikaku/2014_banquet_venetianglass/


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 08:51 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2014年04月10日

2014年箱根ガラスの森美術館特別企画展 ─華麗なるヴェネチアン・グラス─ 祝宴の器展

CD2_0008.jpg

2014年箱根ガラスの森美術館特別企画展
─華麗なるヴェネチアン・グラス─ 祝宴の器展


■会期:2014年4月19日(土)から11月24日(月祝)
会期中6月上旬に一部展示替えあり

■主催:ヴェネチア市立美術館総局、箱根ガラスの森美術館、毎日新聞社

■後援:イタリア大使館、イタリア大使館 観光促進部、イタリア文化会館、箱根町、UKAI創立50周年実行委員会

■協力:ムラーノ・ガラス美術館、モチェニーゴ宮殿美術館、コッレール美術館、レッツォーニコ宮殿、ゴルドーニの館、小田急グループ

■特別出品:大平 洋一

貿易で栄えた水の都ヴェネチア。ヴェネチアの貴族たちは祝宴を行う際に、室内装飾から饗される料理や器に至るまで細やかな配慮を施し、最高の演出で人々をもてなしました。中でも、ヴェネチアのガラス職人たちが卓越した技術で作り出す色彩豊かなガラス器は、宴の席で美酒や美食に華を添え、ヴェネチアのみならず欧州各国においても高い評価を受けていました。
本展覧会は、往時の王侯貴族たちが豪華絢爛な雰囲気の中で繰り広げた祝宴の様子を、華麗なヴェネチアン・グラス約100点でご紹介いたします。

http://www.ciao3.com/museum/kikaku/2014_banquet_venetianglass/


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 12:09 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2014年03月14日

水の都が織り成す 栄光と魅惑のヴェネチアン・グラス展

CD3_0065.jpg

水の都が織り成す 栄光と魅惑のヴェネチアン・グラス展

会期:2014年4月13日まで

かつて地中海貿易の中心地としてヨーロッパ諸外国に経済・文化的に多大な影響をもたらしたヴェネチア。その栄光の象徴たる繊細優美なヴェネチアン・グラスは、ヨーロッパ中の王侯貴族の垂涎の的となり、ファソン・ド・ヴェニス(ヴェネチア風)と呼ばれるヴェネチアン・グラスを模倣したガラス器が各地で制作されるほど隆盛を極めました。
ヴェネチアの文化が爛熟する18世紀になると、仮面とマントで身を包んだ人々が街の中を行き交うヴェネチアのカーニヴァルが人々を魅了します。豪華なドレスに身を包んだ貴婦人や、カーニヴァルの様子が当時の風景画や風俗画に多数描かれ、華やかな時代を今に伝えてくれています。地中海世界を制覇した栄光の都から、人々を非日常へと誘う魅惑の都へと変貌を遂げたヴェネチアは、往時の街並を今に残し、私たちを魅了してやみません。
本展では「地中海貿易の覇者ヴェネチア」と、カーニヴァルが隆盛を極めた「魅惑の祝祭都市ヴェネチア」を、ヴェネチアン・グラスや、カーニヴァルなどで上演された仮面喜劇の登場人物のガラス人形を通してご紹介していきます。

http://www.ciao3.com/museum/kikaku/2014_venetian_glass/


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 09:29 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2013年12月27日

坪谷隆が撮る「華麗なるヴェネチア カーニバル」

坪谷隆が撮る「華麗なるヴェネチア カーニバル」

坪谷隆が撮る
「華麗なるヴェネチア カーニバル」


コマーシャルフォト、ポートレートやテーマ写真など、幅広く活動している坪谷隆が撮る本場ヴェネチアカーニバルの空気、時間、そして情熱をご覧ください。

会期:2013年12月27日から2014年4月13日まで
場所:館内各所にて展示


ごあいさつ
16世紀から変わらぬ街並に朝の光が輝く頃、華やかに仮装した人々がサンマルコ広場に集まり始めます。
思い思いの衣装に身を包み、皆カーニバルを楽しんでいました。
久しぶりに訪れた悠久の水の都は、いつもと変わらずやさしく、そして温かく私を迎え入れてくれ、凍てつく寒さも忘れて私はカーニバルの熱気を、その一瞬を鮮やかに切り取ってきました。


t.jpg
坪谷 隆(写真家)Takashi Tsuboya
1949年 東京生まれ

学生時代より写真に興味を覚え卒業後、単身渡米New YorkでCFプロデュ−サー兼アートディレクター、写真家のジョージ ナカノ、後にヴォーグ誌,ハーパースバザー誌、マリークレール誌等で活躍していた写真家のブルース ローレンスの両氏に師事。
4年間のNewYork滞在後、1976年帰国。
翌年、月刊コマーシャルフォト誌(玄光社)の特集“若手海外体験派カメラマン”として表紙写真と体験記事が掲載された。後に大手アパレルメーカー、化粧品会社、雑誌広告等幅広い企業から撮影依頼をうけ現在にいたる。



posted by 箱根ガラスの森美術館 at 22:32 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2013年12月22日

ナイトミュージアム「ギャラリートーク」

ナイトミュージアム「ギャラリートーク」

ナイトミュージアム「ギャラリートーク」

期間:12月21日〜24日
時間:17:00〜17:30・18:00〜18:30

箱根ガラスの森美術館、学芸員がクリスマス企画展をご案内いたします。
開始10分前に美術館ロビーにお集まりください。


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 09:31 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2013年12月18日

展示作品のご紹介:聖ニコラウス文聖水瓶

展示作品のご紹介:聖ニコラウス文聖水瓶

聖ニコラウス文聖水瓶
16世紀 (ヴェネチア)

胴部両側にガラスのリボン装飾が付けられた聖水容器。表側にはサンタクロースのモデルである聖ニコラウスが司祭服姿で描かれています。聖ニコラウスは四世紀のトルコで司教を務めていた人物で、様々な伝説が残されています。なかでも、三人の貧しい娘を身売りから救うため、お金の入った袋を窓から家に投げ入れた話は広く知られており、その慈愛に満ちた姿から、子供たちにクリスマスプレゼントを届けるサンタクロースへと変化しました。


2013年クリスマス企画展
聖夜の贈り物 ─光輝くヴェネチアン・グラス─
会期:2013年12月1日から12月25日
http://www.ciao3.com/museum/kikaku/christmas/

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 09:34 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2013年12月11日

プレセピオの歴史

2013年クリスマス特別企画展

─プレセピオの歴史─
イタリアを始めヨーロッパのカトリック諸国ではクリスマスにプレセピオという、人形を飾る習慣があります。

12世紀に聖フランチェスコによって創始されたプレセピオは文字を殆ど読むことのできなかった当時の民衆に、キリスト教を理解してもらうために「キリスト生誕」、「羊飼いの礼拝」、「東方の三博士の礼拝] の場面を総合的に人形で再現したものです。

ルネサンス時代、この主題はキリスト教絵画の代表的な画題として多くの画家に描かれ、画家たちの豊かな想像力により、物語はさらに細かく、華やかに表現されてゆきました。
それ以降、プレセピオにも細やかな絵画表現が多く反映され、キリストを訪れる三博士に加え、キリストの生誕を知らせた羊飼いや、三博士の従者などがひしめき合い、華やかな祝いの場面として表現されるようになりました。

ヴェネチアでは19世紀後半からガラスによりプレセピオが制作され、様々な形式のものが残されています。

箱根ガラスの森美術館に収蔵されている作品は、ヴェネチアン・グラスの伝統的なレース・グラスやミルフィオリの技法で制作された20世紀初めの作品あり、ヴェネチアの職人の高度で卓越した造形力を表われています。


2013年クリスマス企画展
聖夜の贈り物 ─光輝くヴェネチアン・グラス─
会期:2013年12月1日から12月25日
http://www.ciao3.com/museum/kikaku/christmas/

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:38 | TrackBack(0) | 美術館・企画展

2013年12月09日

展示作品のご紹介:聖母マリアと嬰児イエス・キリスト

展示作品のご紹介:聖母マリアと嬰児イエス・キリスト

聖母マリアと嬰児イエス・キリスト

20世紀(ヴェネチア)
宙吹き、レース・グラス、アップリケ
高23.1cm

この作品は、蘢に寝かされた生誕のイエス・キリストと聖母マリアの礼拝像である。
キリスト生誕を表現した聖像シリーズは、19世紀後半から今世紀にかけて、ムラノ島の諸工房で作られ、いろいろな形式のものが残されている。この作品を含む生誕シリーズには、レース棒やミルフィオリ・グラス、金箔等の高度の伝統技術が使われており、熟練のマエストロが製作したものであることを示している。また、レース棒やミルフィオリの作り方、デザインに新しさが現れており、20世紀に入ってから作られたものであることは明白である。なお、この種の生誕シリーズの群像作品の中では、高度の卓抜した造形力を示している。


2013年クリスマス企画展
聖夜の贈り物 ─光輝くヴェネチアン・グラス─
会期:2013年12月1日から12月25日
http://www.ciao3.com/museum/kikaku/christmas/


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:17 | TrackBack(0) | 美術館・企画展