箱根ガラスの森美術館

2012年07月01日

プレスリリース:夏の「入館チケット」が「オリジナル扇子」に

夏の「入館チケット」が
「オリジナル扇子」になりました!


期間:7月1日(日)〜8月31日(金)


昨年の夏に引き続き、さらなる電力不足が予想され、再び「節電の夏」がやってきます。箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔)では、7月1日(日)〜8月31日(金)の期間中、「入館チケット」を「オリジナル扇子」にしてお迎えさせていただきます。皆様には、貴族の館でいにしえの貴婦人の気分で、涼を感じていただきたいとの思いから、箱根ガラスの森美術館の収蔵作品のなかの名品「点彩花文蓋付ゴブレット」を扇子のデザインに使用いたしました。今年も「節電の夏」のご協力とご理解をお願いしてまいります。

点彩花文蓋付ゴブレット
「点彩花文蓋付ゴブレット」1500年頃 ヴェネチア

光を透過したときの魅惑的なコバルトブルーの表情を使用。

オリジナル扇子




■期間
7月1日(日)〜8月31日(金)

■配布場所
箱根ガラスの森美術館 フロント

■開館時間
午前9 時〜 午後5 時3 0 分( ご入館は午後5 時まで) 年中無休

■入館料
一般1 , 3 0 0 円、高大生1 , 1 0 0 円、小中生8 0 0 円

■交通
箱根湯本駅より箱根登山バス『桃源台』行き約25分
     『俵石・箱根ガラスの森前』下車すぐ。
強羅駅より施設めぐりバス『箱根ガラスの森』下車。
東名高速御殿場ICより国道138号線乙女峠経由約20分。


プレスリリースPDF


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 20:09 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年06月28日

プレスリリース:クリスタル トリオ アンサンブル

─涼やかな音色を奏でる ガラス楽器の競演─
ミュージアム・コンサート


2012年7月14日(土)から8月31日(金)


箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔)では、2012年7月14日(土)から8月31日(金)までの夏休み期間中に、ヴェネチアを中心に世界各地で活躍中のガラス楽器の演奏家「クリスタル トリオ アンサンブル」が来日し、特別コンサートを開催致します。

クリスタル トリオ アンサンブル

「クリスタル トリオ アンサンブル」は、グラスの大きさによって異なる音程をもつグラスハープと、ガラス管の長さで音階をつくるベロフォーン、ガラス管に息を吹き込んで音を出すグラス・パンフルートを使用して演奏を行う世界でも珍しいインストゥルメンタルグループです。クリスタルガラスを楽器として使用しているために透き通るような、涼しく幻想的な音色が特徴です。チャイコフスキーやモーツァルト、バッハなどクラシックの名曲からポップスまで演奏いたします。




日程:2012年7月14日(土)から8月31日(金)

8月7日(火)および他 水曜日は休演(予定)
8月8日(水)は公演いたします。


演奏時間:10:30〜、11:30〜、13:30〜、14:30〜、15:30〜(1日5回 各回約15分間)
演奏会場:ヴェネチアン・グラス美術館内
演奏者:クリスタル トリオ アンサンブル
(イゴール・スカヤロブ、ウラジミール・ペルミノフ、ウラジミール・ポプラス)


プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 20:21 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年05月31日

プレスリリース: 「あじさいフェスタ」開催

70種類4500株の競演「あじさいフェスタ」開催

6月1日(金)から7月31日(火)

箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔) の庭園で毎年開催され、年々人気が高まっている「あじさいフェスタ」がいよいよ6月1日(金)から7月31日(火)まで開催されます。

70種類4500株の競演「あじさいフェスタ」開催

早川の川沿いに広がる庭園には、早咲き(6月下旬)・中咲き(7月上旬)・遅咲き(7月下旬)のあじさい70種類4500株が次々と咲き始めます。
幻のあじさい「七段花」や、「ツルアジサイ」「ベニガク」など、珍しい品種をはじめ、箱根・富士山・伊豆地方の近隣に自生する品種、日本各地に分布するヤマアジサイ系統、関東地方では大変珍しいエゾアジサイ系など、数多くの品種がご覧いただけます。


プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 18:14 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年05月15日

プレスリリース:バラとアジサイ写真コンクール

第7回 写真コンクール
テーマ「バラとアジサイ」


応募期間:2012年6月1日(金) から2012年8月31日(金)

箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔)では、6月1日(金)から8月31(金)の期間、箱根ガラスの森美術館に咲くバラとアジサイを撮影対象とした写真コンクールを開催致します。
中世貴族の館を再現した弊館では、貴族達が愛した純白のアナベル≠窿戟[スのように繊細なツルアジサイ≠ニいったアジサイが70種類4,500株、そして富士、箱根地方の特産であるハコネバラ≠竅Aマリーアントワネット≠ネど150種類200株のバラがご覧いただけます。
第7回目の写真コンクールとなる今回は、昨年の「アジサイ」に加え、「バラ」をテーマと致します。最優秀作品1点賞金10万円、優秀作品1点賞金5万円、入賞作品には賞金を、入選及び佳作の方には賞品をご用意、受賞作品は当美術館内に展示致します。
皆様からの自信作のご応募をお待ち致しております。

2011年最優秀賞「お散歩コース」
2011年最優秀賞「お散歩コース」


2011年優秀賞「静かな時間」
2011年優秀賞「静かな時間」

名称:バラとアジサイ 写真コンクール
応募期間:2012年6月1日(金)から2012年8月31日(金)
対象場所:箱根ガラスの森美術館 庭園
開館時間:午前9時〜午後5時30分 (ご入館は午後5時まで) 年中無休
入館料: 一般1,300円、大高生1,100円、小中生800円
交通:箱根湯本駅より箱根登山バス『桃源台』行き約25分『俵石・箱根ガラスの森前』下車すぐ。
     強羅駅より施設巡りバス『箱根ガラスの森』下車。
     東名高速御殿場ICより国道138号線乙女峠経由約20分。

プレスリリースPDF


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 11:49 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年05月08日

プレスリリース:ミュージアム・コンサート

プレスリリース:ミュージアム・コンサート〜春を華やぐ音楽の調べ〜

2012年4月20日(金)〜6月10日(日)

箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔)では、2012年4月20日(金)から6月10日(日)の期間、ヴェネチアを中心に世界で活躍する音楽家を招き、ミュージアムコンサートを開催。

ヴェニス・アコースティック・デュオ

アルベルト・デ・メイス(左) ヴァイオリン奏者
世界三大テノール歌手の一人、ルチアーノ・パバロッティ氏との共演経験がある。ヴェネチアを中心とした世界各国での演奏活動は高い評価を得ている。

セバスティアーノ・ゾルザ(右) アコーディオン奏者
ヨーロッパ各地のコンクールでの受賞歴を持ち、日本のラジオやテレビにも出演したことがある。コンサート活動の傍ら母校での教鞭も執っている。


艶やかにして繊細、圧倒的な集中力で聴衆の心をつかむ国際的ヴァイオリニスト、アルベルト・デ・メイス氏の世界をお楽しみ下さい。
今回の来日ではパートナーとして、ヨーロッパ各地でのコンクールで数々の受賞歴を持つアコーディオン奏者、セバスティアーノ・ゾルザ氏との共演です。
春を彩る華麗な響きとの出会いにご期待下さい。



【日 程】2012年4月20日(金)〜 6月10日(日)
*毎週水曜日は休演予定
【演奏時間】10:30〜、11:30〜、13:30〜、14:30〜、15:30〜
(1日5回 各回約15分間)
【演奏会場】ヴェネチアン・グラス美術館内
【演 奏 者】ヴェニス・アコースティック・デュオ

プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:13 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年03月04日

プレスリリース:「1コインチャリティ美術館」第5弾の義援金贈呈式

“被災地の夢”を応援します!
<「1コインチャリティ美術館」第5弾の義援金>
3月13日(火)午前9時00分から湯本の箱根町町長室で
義援金贈呈式を行います。



箱根ガラスの森美術館(館長岩田正崔)は、昨年は4回にわたり「1コインチャリティ美術館」の展開をはかり、東日本大震災の義援金活動を実施いたしました。ご入館されたお客様の総計66,342名の入館料全額を被災地のための義援金として、箱根町山口昇士町長に合計33,359,633円を寄付させて頂きました。
今回の第5弾「1コインチャリティ美術館」では期間中(3・9〜11<3日間>)のお客様の入館料全額を、上記日程にて被災地のための義援金として寄付させて頂きます。
報道関係の皆様には、当活動へのご理解、ご協力に改めて感謝申し上げます。
また、義援金活動の実施に当たっては多くのお客様から共感の言葉を頂きました。
今後とも、お力添えをどうぞよろしくお願い申しあげます。


以上



<寄付先>被災地支援団体(箱根町健康福祉課)
住所:〒250-0398 神奈川県足柄下郡箱根町湯本256
電話:0460-85-7790

[お問い合わせ先]
箱根ガラスの森美術館
TEL:0460−86−3111
FAX:0460−86−3116
〒250−0631神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940−48


プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 18:01 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年02月16日

プレスリリース:クリスタルガラスのサクラ

〜ひと足早い春の訪れ〜
「クリスタルガラスのサクラ」


クリスタルガラスのサクラ

箱根ガラスの森美術館( 館長 岩田正崔) では、2012年春の特別企画として、「クリスタルガラスのサクラ」のオブジェを庭園内に展示いたします。

箱根の四季折々の美しさをガラスで表現したいとの思いから、箱根町の「町の木」に制定されているヤマザクラをイメージしたガラスのオブジェを制作いたしました。
サクラの花と葉の部分には、直径1.4センチのピンクとグリーンのクリスタルガラスを使用しています。
また、今年はさらに粒数を増やし、45.000粒が初春の柔らかな太陽の光と風をうけて、きらきらと輝きます。
毎年4月頃に満開になる早川沿いの桜よりもひと足早い「クリスタルガラスのサクラ」で箱根の春の訪れを感じてください。

クリスタル

【概 要】
名  称:クリスタルガラスのサクラ 高さ7.5メートル クリスタルガラス45,000粒
展示期間:2012年2月17日(金)〜2012年4月中旬
展示場所:箱根ガラスの森美術館 庭園中央部
開館時間:午前9時〜午後5時30分 (ご入館は午後5時まで) 年中無休


プレスリリースPDF


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 09:11 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年02月09日

プレスリリース:第5弾ワンコインチャリティ美術館

入館料をすべて震災義援金に<第5弾>
“被災地の夢“を応援します!
「ワンコインチャリティ美術館」


東日本大震災の被災地に対する義援金活動について

箱根ガラスの森美術館(館長岩田正崔)は東日本大震災の被災地支援のために、昨年は4回にわたり「1コインチャリティ美術館」に取組みましたが、本年も引き続き、3月9日(金)〜3月11日(日)の3日間、以下の取り組みを行います。

3・11大震災の辛い苦しみや悲しみから一年が経過し、被災地は徐々に困難を乗り越えつつあります。そして、さらに次のステップへ、歩みを止めずに前進していく人々も増大しています。

“夢や希望の蕾”が花開き、実を結ぶように「1コインチャリティ美術館」を通して、私たちも応援してまいります。第5弾は下記の通り実施いたします。


    記

【第5弾】3月9日(金)〜3月11日(日)の3日間
1. 入館料を大人も子供も一律1コイン(500円)とします。

(通常入館料・一般1300円大高生1100円小中学生800円)
*駐車料金(通常300円)は無料とします。


2.入館料の収益を義援金として被災地支援のために全額寄付をさせて頂きます。

<寄付先>被災地支援団体(箱根町健康福祉課)
住所:〒250-0398 神奈川県足柄下郡箱根町湯本256
電話:0460-85-7790

プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 18:21 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年02月02日

プレスリリース「大王松感謝祭」

箱根の“新パワースポット”誕生から1周年!

〜「大王松」に願いをこめて〜

2月22日(水)「大王松感謝祭」を開催


箱根ガラスの森美術館(館長岩田正崔)では庭園内に育つ「大王松」に日頃の感謝と、より多くの箱根の聖なるパワーが授かれるようにとの願いを込めて箱根神社からおいで頂き「大王松(だいおうしょう)感謝祭」を執り行います。
古来より「松」は豊穣と平安をもたらす神霊が木を伝い降臨すると信じられ、人々から神聖な木と崇められてきました。特に「三鈷(さんこ)の松」と呼ばれる「大王松」の3本の松葉は大変珍しく、身につけていると幸運が叶うといわれ、「知恵」「慈悲」「真心」を授かるとも言われています。その「大王松」はマツ属の中で最も長い葉を持つことからその名が付いたとされ、葉の長さは20〜30cm、樹高は20m程に育つ大きな松です。

箱根ガラスの森美術館では、連日多くのお客様が新パワースポットに立ち寄られ、年間で一日平均約300人・延べ約10万人以上のお客様が祈願されました。

2・22「富フ・富フ・富フ」と自然に笑顔になる日に、今までお客様に愛され続けてきた幸福を授かる「大王松」への感謝の気持ちと更なるお客様の幸せを祈願して頂きます。
ぜひ、報道関係の皆様にご参加頂き、また、皆様にもご紹介を頂きたくご案内申しあげます。

*誠に恐縮ですが、神聖な儀式のため一部、カメラやビデオでの撮影ができない時間帯もございます。


場所:箱根ガラスの森美術館庭園内中庭大王松前
祈祷日時:2012年2月22日(水)午前11時30分から12時頃まで
取材受付:午前10時00分から12時まで

昨年の感謝祭の様子
昨年の感謝祭の様子

プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:03 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年01月31日

プレスリリース 展覧会「ヴェネチア仮面カーニバルへの招待状」

〜私は誰か、そして、誰でもない私〜
展覧会「ヴェネチア仮面カーニバルへの招待状」


会期:2012年2月1日(水)〜4月12日(木) <年中無休>
入館時間:午前9時〜午後5時30分(入館は5時まで)

会場:箱根ガラスの森美術館
入場料(税込):一般1,300円、大高生1,100円、小中生800円

[展示内容]
中世盛期のヴェネチアは海洋交易により地中海世界最大の栄華を極めた商業都市国家で、東洋と西洋の交流の要衝であったため東西の文化が活発に融合して特異な文化が形成されました。
その代表的な文化が「仮面カーニバル」で、ヴェネチアの「仮面カーニバル」は観客として参加するだけの、一般のカーニバルとは異なり仮面やマントや帽子を身にまとうことで自分が登場人物になることが出来る画期的な祭りでした。
人々は貴族・商人などの身分や職業の垣根を越えて交流し街を練り歩きました。
本企画展では・・

1.美術館では当時隆盛をきわめたヴェネチアングラスの仮面祭の人形やコレクションを一堂に展示する企画展を開催します。

2.参加イベントとしてはヴェネチアから届いた仮面やマントを身にまとい、ヴェネチア仮面カーニバルを中世ヨーロッパ貴族の館をイメージした庭園や美術館の中で無料体験していただけます。

3.庭園内の体験工房ではオリジナル仮面の制作を体験できます。

4.ミュージアムショップでは本場ヴェネチアから取り寄せた素敵な仮面やグッズをコーナーで特集します。


箱根ガラスの森美術館は2月から4月12日まで楽しい「ヴェネチア仮面カーニバル」の会場となります。
・・「私は誰か。そして、誰でもない私」・・
きっと、皆様に新たな自分を発見できる素敵な瞬間が訪れます。


プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 23:09 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年01月23日

プレスリリース 〜アドリ海の雫〜「煌めくヴェネチアンビーズ」展

〜アドリ海の雫〜

「煌めくヴェネチアンビーズ」展

会期:2012年4月20日(金)〜11月25日(日)
午前9時〜午後5時30分まで(入場は閉場の30分前まで・会期中無休)
会場:箱根ガラスの森美術館
主催:ヴェネチア市立美術館総局、毎日新聞社、箱根ガラスの森美術館
後援:イタリア大使館、イタリア政府観光局、イタリア文化会館
協力:ムラーノ・ガラス美術館、モチェニーゴ宮殿美術館
入場料:(税込)一般1,300円、大高生1,100円、小中生800円


[展示内容]
ヴェネチアはルネッサンス期に地中海貿易を独占し、栄華を誇ったことからアドリア海の女王と呼ばれました。そのヴェネチアのガラスの島ムラーノから秘法の技術を駆使して生み出される繊細優美なガラス工芸はヨーロッパの王侯貴族を魅了しました。
その中でも、ムラーノ島で制作されたヴェネチアンビーズはその神技とも思える美しさのために、地位や富の象徴であると同時に信仰の対象にもなりました。また、ファッション界でも、ガラス職人の高度な伝統技術が駆使され、デザイン、色彩、など自在に表現されたその美しさは、世界の女性たちの憧憬の的となりました。
本展覧会では隆盛であった18〜20世紀初頭を中心に、世界の人々を魅了し、現代に受け継がれている高い芸術性のヴェネチアンビーズを用いたロザリオ・バッグ・アクセサリー・コスチュームなどを、ムラーノ・ガラス美術館やモチェニーゴ宮殿美術館などに秘蔵されている作品を中心に100余点を一堂に展観。「文化」「技術」「歴史」の3部構成でヨーロッパ文化の深淵を探ろうとするものです。

「ランプワークのネッレスとイヤリグ」 1838年
「ランプワークのネッレスとイヤリグ」 1838年

「フィオレ・ビーズのロザリ」
「フィオレ・ビーズのロザリ」

「モザイク・グラスの大型ビーズ」 1845年頃
「モザイク・グラスの大型ビーズ」 1845年頃


「コンテリエ・ビーズのバッグとネックレス」
「コンテリエ・ビーズのバッグとネックレス」

「イブニング・ドレス 」20世紀初頭
「イブニング・ドレス」20世紀初頭

※出品作は急遽変更する可能性がございますので、 何卒ご了承ください。


プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 01:17 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年01月14日

プレスリリース 2012年 卒業記念プランのご案内

報道関係各位
2012年1月

学生時代の“思い出づくり”応援します!
2012年 卒業記念プランのご案内


箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔)では、2月1日(水)〜3月16日(金)の期間、平日限定でグループ旅行をされる機会の多い学生さまに向けて、選べる『卒業記念プラン』を用意しております。
体験工房のガラス制作または、カフェレストランのスイーツをお得にご利用頂けるプランです。

チケットホルダーまた、ヴェネチアン・グラスのミルフィオリ(千の花)模様のオリジナル チケットホルダーをプレゼントいたします。 (250円相当)



在学中の学生さまのご利用も可能です。


 アートorスイーツコース どちらもお一人様 ¥1.000 

※入館料金は、別途頂戴いたします。


作って楽しむ『アートコース』

■体験工房にて(2カ所より選択)
手作りアクセサリーやオリジナルの模様を入れたマイグラスをお作りいただけます。

サンドブラスト体験工房【サンドブラスト体験工房】
砂を吹き付けて模様を彫るサンドブラスト工房。
制作時間 30〜40分
*通常料金 ¥1.200




フュージング体験工房【フュージング体験工房】
ガラスを熔かし接合するフュージング技法でのオリジナルチャームの制作体験。
制作時間 約20分
*通常料金 ¥1.600



食べて楽しむ『スイーツコース』
■カフェ レストランにて(2種より選択)
午前11時から午後4時15分まで(1日6回公演)のカンツォーネの生演奏もお楽しみいただけます。

シフォンケーキセット【シフォンケーキセット】
ふんわり、しっとり焼き上げた定番の人気スイーツ。特製ジャムソースとどうぞ。
*通常料金 ¥1.300



オリジナルスイーツセット【オリジナルスイーツセット】

季節の食材をふんだんに使ったオリジナルのスイーツ。
<写真はイメージです>
*通常料金 ¥1.200






<概要>

プラン名:卒業記念プラン
期間:2月1日(水)〜3月16日(金) までの平日のみ
時間:9:00〜17:30(入館は17:00 まで)
料金:大学生、高校生 一人¥1,000( 学生証の提示が必要)
販売:箱根ガラスの森美術館受付窓口のみにて販売(10名以上は要予約)


プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:06 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年01月07日

「1コインチャリティ美術館」のご報告

箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔)は、春休み、GW、夏休み、年末と4度にわたり「1コインチャリティ美術館」の展開をはかり、東日本大震災の義援金活動を実施いたしました。ご入館されたお客様66,342名の入館料全額を被災地のための義援金として4月6日、5月9日、9月1日、1月4日の4回にわたり、箱根町山口昇士町長に合計33,359,633円を寄付させて頂きました。義援金活動の期間中、お客様からはこの度の活動に対し、「ワンコインチャリティ美術館が行なわれる度に来ています」「春夏に続き、半年以上経ても継続されている被災地への思いに感動しました」など、たくさんのお言葉を頂戴いたしました。皆様には、当活動へのご理解、ご協力に改めて御礼申し上げます。

ご来館、ご協力いただいた皆様に取り急ぎ御礼申し上げます。




目 的:東日本大震災の被災地に対する義援金活動
期 間:第1弾3・22〜4・5 <春休み15日間>
第2弾4・29〜5・8 <GW10日間>
第3弾8・22〜8・31<夏休み10日間>
第4弾12・26〜12・28<年末3日間>
内 容:入館料金を義援金として被災地支援のために全額寄付
(入館料金は一律一名様500円)


入館者数:第1弾8,575名+第2弾31,631名+第3弾22,206名+第4弾3,930名=計66,342名
義援金(入館料金):4,371,613円+15,883,100円+11,129,359円+1,975,561円=総計 33,359,633円
(募金箱義援金を含む)


プレスリリースPDF


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 12:23 | TrackBack(0) | プレスリリース

2011年12月15日

プレスリリース 新春のご案内「 ハッピードラゴン2012」

■先着300名様に新春のハッピープレゼント!


1月1日、2日、3日の三日間、朝9時より先着300名様(合計900名様)に、2012年の干支“辰”にちなみ、「箱根ガラスの森美術館オリジナル ガラスの“ タツ”」をフロントにて、プレゼントいたします。

期間:1月1日(日) から1月3日(火)
場所:フロントテラス
時間:9:00から
*各日 先着300名様まで
新春のハッピープレゼント
「箱根ガラスの森美術館オリジナル ガラスの“ タツ”」


■福袋でさらにハッピーに!50種類からお選びください!

毎年多くのお客様にご好評いただいております「箱根ガラスの森美術館 福袋」。日頃の感謝の気持ちを込めて、2012年1月1日より福袋をご用意いたします。3千円、5千円、1万円、3万円、5万円、10万円、20万円の価格設定で、50種以上の品揃え。干支の「龍(ドラゴン)」をテーマにした福袋のほか、「絆」をテーマにした家族だんらんを演出するセットなど、今年ならではの福袋がミュージアムショップに集結します。

三千円福袋 1 例
「三千円福袋 1 例」
“HAPPY DRAGON 2012”


五千円福袋 1 例
「五千円福袋 1 例」
“YEAR OF DRAGON”


三千円福袋 1 例 アチェロ
「三千円福袋 1 例」
“ アチェロ人気1・2・3”


期間:1月1日(日) から 1月9日(月)
*数量限定のため、無くなり次第終了いたします
場所:ミュージアムショップ


プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 16:08 | TrackBack(0) | プレスリリース

2011年12月09日

プレスリリース 2012年「辰年」 龍(ドラゴン)が天空に登る勢いです!

■龍(ドラゴン) の売上が倍増中!
箱根ガラスの森美術館ミュージアムショップでは毎年、新春の干支にちなんだ商品が多くのお客様にご好評頂いております。今年も2012年「辰年」に向けて、さまざまな「ガラスの龍(ドラゴン)」を店頭に並べたところ、入荷のたびに品薄状態となり、再発注をかけるほどの人気ぶりです。昨年と比べると、干支に関連した商品の売上額はなんと3倍に及んでいます。店頭は、「辰年生まれなので、縁起を担いで飾ります」、「辰年生まれの親に贈ります」、「来年こそは“ 昇龍”でよい年に!」といったお声で活気に溢れています。恒例の「ガラスの干支」シリーズの置物をはじめ、ヴェネチアン・グラスの秘法“ レース・グラス”にドラゴン(龍)が装飾された豪華なゴブレットや、龍の落とし子モチーフのペンダントなど、さまざまなドラゴン( 龍) アイテムを取り揃えました。日本の威厳のある龍とはまた一味違う、ユーモアあふれる愛らしいドラゴン(龍)は、皆が思わず笑顔になれる人気商品です。

■日本中が「心の中の龍(ドラゴン)」に共感!
11月中旬ブータン国王ご夫妻が国賓として来日。ブータンという国名は英語の表記で、現地の言葉では「ドゥク ユル」=「龍の国」という意味を持つそうです。国王が語られた「心の中に住む龍の話」の深く温かいメッセージが日本中で話題と共感を呼びました。


■美術館内にも龍(ドラゴン)が集合しました!
本来、キリスト教圏においてドラゴン(龍)は強悪な力を持つ存在として、恐れられていました。しかし、東西貿易の中心地であったヴェネチアでは、文化の交流点として東洋の影響を受けていたことから龍(ドラゴン)は、水や豊かさを司り、高貴さを持つと考えられてます。ヴェネチアン・グラスの代表的な装飾モチーフであるドラゴン(龍)装飾作品を一堂に集めた企画展を開催いたします。

タイトル:「─ドラゴン(龍)と花々の競演 ─春を招くヴェネチアン・グラス展」
期  間:12月26日(月)から1月31日(火)
場  所:ヴェネチアン・グラス美術館内


今年は年賀状に!
ドラゴン(龍) 作品のポストカード
1 枚¥120-

ドラゴン( 龍) 作品のポストカード


プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 11:04 | TrackBack(0) | プレスリリース

2011年11月30日

プレスリリース ポカポカチケット

寒い冬でもあたたかい!
美術鑑賞も庭園散歩も心とからだがポッカポカ♪
入館チケットがおしゃれな携帯カイロに!



今年の冬は電力不足が予測され、企業でも家庭でも様々な節電対策が実施され“寒い冬”になりそうです。
そこで、箱根ガラスの森美術館(館長岩田正崔)では冬の問、お客様にもポカポカと暖かくなる入館チケットでお迎えさせていただきます。オリジナルデザインのポカポカ入館チケットが誕生しました。

2011年12月1日(木)から2012年2月29日(水)
までの冬季期間にご入館されるお客様には

箱根ガラスの森美術館オリジナルくポカポカチケット>を入場券の代りにお渡しします。


プレスリリース



posted by 箱根ガラスの森美術館 at 14:04 | TrackBack(0) | プレスリリース

2011年11月19日

プレスリリース「春を招くヴェネチアン・グラス」展

2012年・辰年 特別企画
〜龍(ドラゴン)と花々の競演〜
「春を招くヴェネチアン・グラス」展

 

会期: 2011年12月26日(月)〜2012年1月31日(火)
午前9時〜午後5時30分まで(入場は閉場の30分前まで・会期中無休)
会場: 箱根ガラスの森美術館
入場料:<税込み> 一般1300円、大高生1100円、小中学生800円


<展示内容>
17世紀頃からヴェネチアン・グラスには龍(ドラゴン)のモチーフが用いられたゴブレットが生み出され、その後ヨーロッパ中で大流行を果たしました。
本来、龍(ドラゴン)は強悪な力を持つ存在としてキリスト教圏では恐れられていましたが、ヴェネチアは東西貿易の中心地として、また文化の交流点として新たな龍(ドラゴン)のイメージを東洋より吸収していったと考えられています。水や豊かさを司り、王権や高貴さのシンボルとしての龍(ドラゴン)は、以後ヴェネチアン・グラスの代表的なモチーフとなっていったのです。
また、千の花を敷き詰めたかのようなミルフィオリ・グラスや、ホットワークによって巧みに作り出されたヴェネチアン・グラスの美しく愛らしい花のモチーフは多くの貴婦人を魅了してやみませんでした。
本展は2012年の干支であり、ヴェネチアン・グラスにみられる代表的なモチーフの龍(ドラゴン)と、新春にふさわしい花と鳥をモチーフにした作品50余点を一堂に集めて展観致します。

http://ciao3.com/museum/kikaku/2012_primavera_venetian_glass/

プレスリリースPDF



posted by 箱根ガラスの森美術館 at 12:39 | TrackBack(0) | プレスリリース

2011年11月16日

プレスリリース 「水の都のクリスマス」展

2011年 クリスマス企画
〜ガラスのドラゴン)たちと祝う〜
「水の都のクリスマス」展

会期:2011年11月15日 から 2011年12月25日


<展示内容>
ヴェネチアン・グラスは、海棲動物、伝説上のドラゴン、草花などの生き生きとした装飾モチーフが、往時よりヨーロッパ各国の人々の目を楽しませてきました。中でも、ドラゴンの装飾は、17 世紀頃からヴェネチアン・グラスに取り入れられ、水や豊かさを司り、王権や高貴さのシンボルとして、ヨーロッパで大流行しました。本展では、来年の干支(辰)に先駆けて、アドリア海の女王が生み出した愛らしく、どこか神秘的なドラゴンをモチーフとしたヴェネチアン・グラス約50点を展観致します。


プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:27 | TrackBack(0) | プレスリリース

2011年11月08日

プレスリリース 第4弾 1コインチャリティ美術館

箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔)は東日本大震災の被災地支援のため、「1コインチャリティ美術館」の取組みを第1弾春休み期間、第2弾ゴールデンウイーク期間、第3弾夏休み期間に実施いたしましたが、いずれも多くのお客様から共感とご支援を頂きました。
現在、大震災から6ヶ月以上が経過いたしましたが、被災地の現状を見るにつけて、さらなる支援が必要と思われます。今後も引き続き被災地を忘れずに、復興支援の輪を広げ、さらに来年こそは明るく良い年が迎えられることを祈念しつつ、第4弾を下記の通り実施いたします。


年末12月26日(月)〜12月28日(水) の3日間

1.入館料を大人も子供も一律1コイン(500円)とします。
( 通常入館料・一般1300円 大高生1100円 小中学生800円 )
*駐車料金(通常300円)は無料とします。

2.入館料の収益を義援金として被災地支援のために全額寄付をさせて頂きます。

<寄付先> 被災地支援団体(箱根町健康福祉課)
住所:〒250-0398 神奈川県足柄下郡箱根町湯本256
電話:0460-85-7790


プレスリリースPDF


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 13:27 | TrackBack(0) | プレスリリース

2011年10月20日

プレスリリース 2011年クリスマス

箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔) は、2011年11 月15 日(火) から12 月25 日(日)までの期間、クリスマス企画「世界で唯一の陽光で輝く(電飾を使わない) クリスタル イルミネーション2011」を開催いたします。3 月11 日に起こった東日本大震災以降、箱根ガラスの森美術館では、「今私たちに出来ること」そして、「美を通して日本の復興を応援したい」との思いから、春休み期間、GW期間、夏休み期間に、入館料を一律500 円にしてその全額を被災地支援団体に寄付をいたしました。また、継続的に電力消費の削減が求められる中、箱根ガラスの森美術館のクリスマスは、今年も電飾を使わずに輝くクリスタルガラスのクリスマスツリー「アベーテ」を庭園内に展示いたします。今年のクリスマスも美を通して、皆様に喜びを感じていただけるさまざまな企画を行います。


プレスリリースPDF


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 14:40 | TrackBack(0) | プレスリリース