箱根ガラスの森美術館

2013年03月01日

「クリスタルガラスのサクラ」がひと足早く満開

春、到来
「クリスタルガラスのサクラ」がひと足早く満開です!

201303prs.jpg

世界にひとつ、ガラスツリーのサクラが登場!

標高634m(東京スカイツリーと同じ高さ)から、どこよりも早い桜の便り「クリスタルガラスのサクラ」を送ります。箱根の四季折々の美しさをガラスで表現したいとの思いから、箱根町の「町の木」に制定されているヤマザクラをイメージしたガラスのオブジェを制作いたしました。
サクラの花と葉の部分には、直径1.4 センチのピンクとグリーンのクリスタルガラスを使用しています。
45,000 粒が初春の柔らかな太陽の光と風をうけて、きらきらと輝きます。
「クリスタルガラスのサクラ」で箱根の春の訪れを感じてください。

プレスリリースPDF


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 11:37 | TrackBack(0) | プレスリリース

2013年02月10日

プレスリリース「大王松(だいおうしょう)感謝祭」

箱根の“新パワースポット”誕生から2周年!
〜「大王松」に願いをこめて〜
2月22日(金)「大王松(だいおうしょう)感謝祭」を開催


大王松(だいおうしょう)感謝祭

箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔)では庭園内に育つ「大王松」に日頃の感謝と、より多くの箱根の聖なるパワーが授かれるようにとの願いを込めて、箱根神社の神職においで頂き「大王松感謝祭」を執り行います。
古来より「松」は豊穣と平安をもたらす神霊が木を伝い降臨すると信じられ、人々から神聖な木と崇められてきました。特に「三鈷(さんこ)の松」と呼ばれる「大王松」の3本の松葉は大変珍しく、身につけていると幸運が叶うといわれ、「知恵」「慈悲」「真心」を授かるとも言われています。その「大王松」はマツ属の中で最も長い葉を持つことからその名が付いたとされ、葉の長さは20〜30cm、樹高は20m程に育つ大きな松です。
箱根ガラスの森美術館では、連日多くのお客様が新パワースポットに立ち寄られ、年間で一日平均約300人・延べ約10万人以上のお客様が祈願されました。
2・22「富(フ)・富(フ)・富(フ)」と自然に笑顔になる日に、今までお客様に愛され続けてきた   幸福を授かる「大王松」への感謝の気持ちと更なるお客様の幸せを祈願して頂きます。
ぜひ、報道関係の皆様にご参加頂き、また、皆様にもご紹介を頂きたくご案内申しあげます。

*誠に恐縮ですが、神聖な儀式のため一部、カメラやビデオでの撮影ができない時間帯もございます。


場所:箱根ガラスの森美術館 庭園内 中庭 大王松前
祈祷日時:2013年2月22日(金)
     午前11時30分から12時頃まで
取材受付:午前10時00分から12時まで

プレスリリースPDF


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 17:45 | TrackBack(0) | プレスリリース

2013年02月08日

プレスリリース:2月のイベント

プレスリリース:2月のイベント

箱根ガラスの森美術館
パワースポットで記念撮影を!
輝く幸せが舞い込むイベント開催中


箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔) では、2013年2月のイベントとして、「パワーチャージマンス」を開催いたします。


○ロマンスのパワースポットその1
バレンタインツリー登場!!


ツリーのトップについたハートを探してご一緒に記念撮影をしてみてはいかがでしょうか?
7万5千粒クリスタルガラスが太陽の光でロマンチックに輝きます。
箱根の大涌谷をバックに輝くクリスタルガラスのツリーは絶好の写真スポットです。

名称:バレンタインツリー
高さ10m、幅8m クリスタルガラス 75,000粒
展示期間:2月14日(木)バレンタインデーまで
展示場所:箱根ガラスの森美術館 庭園中央部



○幸せのパワースポットその2
大王松感謝祭!


庭園内に育つ「大王松」に日頃の感謝と、より多くの箱根の聖なるパワーが授かれるようにとの願いを込めて、箱根神社の神職においで頂き「大王松感謝祭」を執り行います。
2・22「富( フ)・富( フ)・富( フ)」と自然に笑顔になる日に、今までお客様に愛され続けてきた幸福を授かる大王松への感謝の気持ちと更なるお客様の幸せを祈願して頂きます。また、ご祈願頂いた大王松のお守りを2・22(富・富・富)にちなんで先着222名様にお配りいたします。

場  所:箱根ガラスの森美術館 庭園内 中庭 大王松前
祈祷日時:2013年2月22日(金) 11時30分から12時頃まで


○春のパワースポットその3
世界にひとつ、ガラスツリーのサクラが登場!


標高634m(東京スカイツリーと同じ高さ)から、どこよりも早い桜の便り「クリスタルガラスのサクラ」を送ります。箱根の四季折々の美しさをガラスで表現したいとの思いから、箱根町の「町の木」に制定されているヤマザクラをイメージしたガラスのオブジェを制作いたしました。
サクラの花と葉の部分には、直径1.4 センチのピンクとグリーンのクリスタルガラスを使用しています。
45,000 粒が初春の柔らかな太陽の光と風をうけて、きらきらと輝きます。
「クリスタルガラスのサクラ」で箱根の春の訪れを感じてください。

名  称:クリスタルガラスのサクラ 
     高さ7.5メートル クリスタルガラス45,000粒
展示期間:2013年2月15日(金)〜2013年4月中旬
展示場所:箱根ガラスの森美術館 庭園中央部



プレスリリースPDF


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:09 | TrackBack(0) | プレスリリース

2013年01月14日

プレスリリース:2013年 卒業旅行記念プランのご案内

箱根ガラスの森美術館
2013年 卒業旅行記念プランのご案内
学生時代の“ 思い出づくり” 応援します!


箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔) では、1月15日(火) 〜 3月19日(火) の期間、グループ旅行をされる機会の多い学生さまに向けて、選べる『卒業記念プラン』を平日限定で用意しております。
体験工房のガラス制作または、カフェレストランのスイーツをお得にご利用頂けるプランです。在学中の学生さまのご利用も可能です。

プレスリリース:2013年 卒業旅行記念プランのご案内

プレスリリースPDF


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 15:21 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年12月31日

プレスリリース:箱根ガラスの森のお正月 2013

箱根ガラスの森美術館
新春のご案内
箱根ガラスの森のお正月 2013


■先着300名様に新春のハッピープレゼント!

1月1日、2日、3日の三日間、朝9時より先着300名様(合計900名様)に、2013年の干支“ 巳”にちなみ、「箱根ガラスの森美術館オリジナル ガラスの“ へび”」をフロントにて、プレゼントいたします。

期間:1月1日(火) 〜 1月3日(木)
場所:フロントテラス
時間:9:00 〜
*各日 先着300名様まで



■福袋でさらにハッピーに!お気に入りを探してください!

箱根ガラスの森美術館ミュージアムショップ及び、水車小屋アチェロでは毎年ご好評いただいております福袋を元旦より販売致します。(1月1日〜14日まで販売。数量限定のため無くなり次第終了。)
世界各国から直輸入しました繊細で色鮮やかな品々から館員が選び抜いた一押しの品物や、2013年の干支である巳年のセットも取り揃えました。また、水車小屋アチェロの福袋は待望の再入荷致しましたオリジナルジャムのセットもご用意しております。
お客様に箱根ガラスの森美術館ならではの新春のお喜びをお届け致します。

期間:1月1日(火) 〜 1月14日(月)
*数量限定のため、無くなり次第終了いたします
場所:ミュージアムショップ


プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 21:31 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年12月28日

プレスリリース:冬の企画展イベント

Il Mondo Nuovo
〜ヴェネチアン・マスクが誘う新たな世界〜
箱根ガラスの森美術館 ヴェネチア仮面祭

12月26日(水) から 4月14日(日)

プレスリリース:冬の企画展イベント

本場ヴェネチアで作られた仮面やマントを身につけて園内散策、記念撮影などを楽しむことができます。世界3 大カーニバルの1つとして数えられるヴェネチア仮面祭の雰囲気をそのままに、美しい庭園を仮面姿で歩くとまるで貴族になったような気分を味わうことができます。


プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 19:38 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年12月06日

プレスリリース:世界で唯一の 陽光で輝くクリスタル イルミネーション

世界で唯一の 陽光で輝くクリスタル イルミネーション

12月1日(土) 〜 12月25日(火)
〈9:00 〜 17:30〉

箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔)は、2012年12月1日(土)から12月25日(火)までの期間、クリスマス企画を下記の通り開催致します。庭園には『世界で唯一の陽光で輝く(電飾を使わない)クリスタル イルミネーション(アベーテ)』を設置しました。今年のクリスマスも美を通して、皆様に喜びを感じていただける様々な企画を行います。


【クリスタル イルミネーション】

■クリスタルガラスのクリスマスツリー「アベーテ」の設置■
アベーテとは、イタリア語で”モミの木”を意味する言葉です。
庭園の池の中に高さ10m、幅8mにおよぶクリスマスツリーが登場。
箱根の大涌谷をバックに輝くクリスタルガラスのツリーは絶好の写真スポットです。今年は昨年より5千粒クリスタルガラスが増えて更に繊細な輝きを放っています。

期間:12月1日(木) 〜 12月25日(火)
クリスタルガラス数:約7万5千粒


■クリスタルガラスのアーチ「光の回廊」■
ヴェネチアン・グラス美術館に続く橋に架かる高さ11mの巨大な回廊。魅力ある屈折光で知られるクリスタルガラスを用い、エコの視点を取り入れて太陽光で無限に変化する光を演出します。
期間:展示中
クリスタルガラス数:約16万粒


■2日間限定のナイトミュージアム■
12月23日(日)、24日(月・振替休日)の2日間は、夜8:30まで開館いたします。
(最終入館は午後8:00まで)


【トワイライトキャンドル】〈16:00 〜 17:30〉
クリスマスの夕暮れ時は一層ロマンチックに・・・キャンドルの優しく暖かい光が庭園一面に灯ります。クリスタルイルミネーションとともに、電飾を使わないクリスマスの光をお楽しみください。

期間:12月1日(土) 〜 12月25日(火)*雨天中止
※12 月23 日(日)、24 日(月・振替休日)は20:30 まで


【クリスマス ミュージアム コンサート】

■ヴェニス・セレナーデ・デュオ■
ヴェネチアを中心に世界で活躍する音楽家の演奏を美術館の中で楽しめるシリーズ第3弾。
2012 年のフィナーレは、ヴェニス・セレナーデ・デュオの登場です。クラッシックからタンゴ、映画音楽まで幅広くロマンチックなレパートリーをお楽しみください。

期間:12月1日(土) 〜 1月6日(火)
   毎週水曜休演(1月2日(水) は公演)
公演時間:10:30、11:30、13:30、14:30、15:30(各公演約15分)
公演場所:ヴェネチアン・グラス美術館内


■カンツォーネ■
レストランではイタリア人の歌手が“ カンツォーネ” の演奏を毎日行っています。古典的なナポレターナからモダンなナンバーまでテーブルをまわりながら演奏いたします

。この時期は、クリスマスソングを交えながらの特別なひとときを演出いたします。

期間:開催中
公演時間:11:00、12:00、13:00、14:00、15:00、16:00
公演場所:レストラン カフェ・テラッツア
※12 月23 日24 日の演奏は変更する場合がございます。


【クリスマス 特別企画展】

■『光の誕生〜ヴェネチアン・グラスで祝うクリスマス〜』展■
今も昔も様々な光に満ちているクリスマスは、古代ローマの太陽崇拝起源とされています。
人々が求める光は、冬の寒さを和らげる太陽の光からキリスト教拡大と共にやがて「世の光」イエスへと変化していきました。
また、クリスマスにはキャンドルの明かりは欠かせません。17 世紀頃からヴェネチアで制作されたキャンドル・スタンド等照明器具の数々は、暗闇を照らすだけでなく華やかな装飾でヨーロッパ中の貴族たちを魅了します。
16〜17世紀、ヴェネチアン・グラスはクリスタッロやレース・グラスといった主な技法を確立させ、黄金時代を築きます。職人の高い技術と自由な発想は、東地中海の覇者ヴェネチア共和国をより一層輝かせました。本展では、クリスマスを彩る様々な光の中から「世を照らす」、「闇を照らす」、「栄光を照らす」三つの光を、ヴェネチアン・グラスを通してご紹介致します。

期間:12月1日(土) 〜 12月25日(火)
場所:ヴェネチアン・グラス美術館内
展示構成:1章「世を照らす」2章「闇を照らす」3章「栄光を照らす」


【クリスマス アイテム】

■ミュージアムショップ■
世界各国から直輸入した5 千種10 万点の品揃えを誇るショップでは、今年もヨーロッパの最新クリスマスアイテムをご用意しました。

■体験工房(2カ所)■
ストラップやネックレスなどのアクセサリーを作るヴェトロ工房と、グラスにオリジナルの模様を彫るサンドブラスト工房では、ツリーやリース、雪だるまなどクリスマスにちなんだオリジナルのモチーフをお選びいただけます。


【クリスマス ランチ】

■レストラン カフェ・テラッツア■
レストランでは、ご予約のお客様限定のクリスマスランチや、クリスマス限定のスイーツをご用意いたします。カンツォーネを聴き、庭園に輝くクリスタルのイルミネーションを眺めながら、贅沢な時間をお過ごしいただけます。


【クリスマス ナイトミュージアム】
箱根ガラスの森美術館では、お客様への感謝の気持ちを込めて「クリスマス ナイトミュージアム」を開催します。12月23日(日)と24日(月・振替休日)の2日間限定で、通常17:30までの営業時間を20:30まで延長し、クリスタルのイルミネーションをたっぷり楽しんでいただきます。また、レストランでは期間中の18:00から、予約制で「ディナーと音楽の夕べ」が開催されます。

期間:12月23日(日)・24日(月・振替休日)
営業時間:9:00〜20:30(ご入館20:00迄)

クリスタルガラスのクリスマスツリー


プレスリリースPDF

クリスマス特集のページ


タグ:クリスマス
posted by 箱根ガラスの森美術館 at 13:02 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年12月02日

プレスリリース:「ポカポカチケット」

箱根の冬の暖かなおもてなし!
〜美術鑑賞も庭園散歩も心とからだがポッカポカ♪〜
入館チケットがおしゃれな携帯カイロに!

今年も箱根の冬は“寒い冬“になりそうです。そこで、箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔)では昨冬、お客様にご好評頂いたカイロ付き入館チケットを今年もご用意して皆様をお迎えいたします。オリジナルデザインの「ポカポカチケット」で寒い冬もポカポカと暖かくご散策頂けます。2012年11月20日(火)から2013年2月末までの冬期間に入館されたお客様にもれなく「箱根ガラスの森美術館オリジナル<ポカポカチケット>」を入館券の代りにお渡しします。

プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 09:56 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年08月18日

プレスリリース:仙石原からひと足早く秋の便り

仙石原からひと足早く秋の便り

『クリスタルガラスのススキ』が満開です!



箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔)に、2012 年秋の特別企画として、昨年も大きな話題を呼んだ『クリスタルガラスのススキ』のオブジェが庭園内に登場します。このオブジェは、高さ約1.5 メートルあり、ススキの穂の部分に直径1.4 センチのクリスタルガラスを100 粒使用しています。100 本で10.000 粒のクリスタルガラスが太陽の光を浴びて、秋風に揺られ七色に輝きます。四季折々の箱根の美しさをガラスで表現したいとの思いで創作いたしました。箱根仙石原高原のススキとクリスタルガラスのススキの競演をお楽しみください。



【ススキの競演を楽しむ】
期間:2012 年8 月25 日(金)〜 11 月中旬
場所:庭園中央付近
内容:『クリスタルガラスのススキ』本数 100 本/高さ1.5 メートル/ガラス粒数10.000 粒


【秋の味覚を楽しむ】
カフェレストランでは、ふわっと軽いのにしっとりなめらかなスフレ生地でできた、ワンランク上のロールケーキ。和栗をふんだんに使った栗ペーストは、黄金色に輝くススキ草原をイメージしています。生クリームにホワイトチョコが加わってぐっとリッチな味わいに!箱根ガラスの森美術館でしか味わえないクリスタルが輝く秋景色とスイーツをお楽しみください。
「アウトゥンノ(1 ピース)」¥750( ドリンク付き¥1100)


【秋のモチーフを作って楽しむ】
館内2ケ所にある体験工房では、手作りアクセサリーやオリジナルの模様を入れたマイグラスをお作りいただけます。期間限定のススキ柄の他、秋モチーフのオリジナルグラスやアクセサリーをご用意しております。


【芸術の秋を楽しむ】
ヴェネチアン・グラス美術館では11/25まで特別企画展「〜アドリア海の雫〜煌めくヴェネチアン ビーズ」展を開催中です。豊かな色彩と華麗な装飾が施された18世紀から20世紀初頭のヴェネチアン ビーズを約100点を展示。イタリア・ヴェネチアの美術館や博物館が所蔵するアクセサリーやバックなど貴重な作品の数々は、秋のアート鑑賞におすすめです。


箱根の紅葉時期 10月中旬〜11月中旬(例年)

プレスリリースPDF


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 01:18 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年07月04日

プレスリリース:8月8日 箱根ガラスの森美術館 開館記念日

箱根ガラスの森美術館(館長岩田正崔)は、1996年〈平成8年〉8月8日に開館してから毎年多くのお客様にご来館頂き、おかげさまで満16年を迎えることとなりました。この記念すべき日を迎えられたのは、今日に至るまでご愛顧くださった皆様のご支援の賜物と心から御礼申し上げます。そこで弊館ではこれを記念して開館記念日8月8日を皮切りに、特別イベントを開催いたします。

■イベント内容

☆小・中学生は8/8〜8/12まで5日間入館料無料
小・中学生は無料(通常¥800)でご入館いただけます。『煌めくヴェネチアン ビーズ展』を開催中の美術館では、夏休みの自由研究にもぴったりのクイズをご用意。庭園ではアンモナイトの化石を発見したり、見て、触って、考えて、楽しみながら美術館を探検!
【日程】8月8日(水)〜8月12日(日)
【内容】小学生・中学生入館料無料(通常¥800)


☆大人の方には先着300 名様に素敵なプレゼント *8月8日限定
朝 開館9:00 より先着300名様に、ヴェネチアン ビーズのしおりが付いた“ ブックカバー”(¥1,260 相当)をプレゼントいたします。表紙はヴェネチアにちなんだ絵柄がプリントがされたおしゃれなブックカバーです。
お子様には、ローズ風味のメレンゲ菓子(¥600相当) をご用意しています。

【日程】8月8日(水)9:00〜(先着300名様)
【場所】箱根ガラスの森美術館 フロント


☆8/8より5日間限定のスペシャルライブも開催!
箱根ガラスの森美術館内“ カフェレストラン” にて、毎日お楽しみ頂いている本場イタリア人歌手によるカンツォーネコンサート。このたび、日頃のお客様への感謝の気持ちを込めたスペシャルライブを5日間限定で開催いたします。今回だけのボリュームある時間と内容でお届けします。

【日程】2012年8月8日(水)〜12日(日)16:00〜17:00(約1時間)
【場所】箱根ガラスの森美術館 野外 〈雨天:カフェレストラン〉



プレスリリースPDF


7月26日改訂
posted by 箱根ガラスの森美術館 at 11:15 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年07月01日

プレスリリース:夏の「入館チケット」が「オリジナル扇子」に

夏の「入館チケット」が
「オリジナル扇子」になりました!


期間:7月1日(日)〜8月31日(金)


昨年の夏に引き続き、さらなる電力不足が予想され、再び「節電の夏」がやってきます。箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔)では、7月1日(日)〜8月31日(金)の期間中、「入館チケット」を「オリジナル扇子」にしてお迎えさせていただきます。皆様には、貴族の館でいにしえの貴婦人の気分で、涼を感じていただきたいとの思いから、箱根ガラスの森美術館の収蔵作品のなかの名品「点彩花文蓋付ゴブレット」を扇子のデザインに使用いたしました。今年も「節電の夏」のご協力とご理解をお願いしてまいります。

点彩花文蓋付ゴブレット
「点彩花文蓋付ゴブレット」1500年頃 ヴェネチア

光を透過したときの魅惑的なコバルトブルーの表情を使用。

オリジナル扇子




■期間
7月1日(日)〜8月31日(金)

■配布場所
箱根ガラスの森美術館 フロント

■開館時間
午前9 時〜 午後5 時3 0 分( ご入館は午後5 時まで) 年中無休

■入館料
一般1 , 3 0 0 円、高大生1 , 1 0 0 円、小中生8 0 0 円

■交通
箱根湯本駅より箱根登山バス『桃源台』行き約25分
     『俵石・箱根ガラスの森前』下車すぐ。
強羅駅より施設めぐりバス『箱根ガラスの森』下車。
東名高速御殿場ICより国道138号線乙女峠経由約20分。


プレスリリースPDF


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 20:09 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年06月28日

プレスリリース:クリスタル トリオ アンサンブル

─涼やかな音色を奏でる ガラス楽器の競演─
ミュージアム・コンサート


2012年7月14日(土)から8月31日(金)


箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔)では、2012年7月14日(土)から8月31日(金)までの夏休み期間中に、ヴェネチアを中心に世界各地で活躍中のガラス楽器の演奏家「クリスタル トリオ アンサンブル」が来日し、特別コンサートを開催致します。

クリスタル トリオ アンサンブル

「クリスタル トリオ アンサンブル」は、グラスの大きさによって異なる音程をもつグラスハープと、ガラス管の長さで音階をつくるベロフォーン、ガラス管に息を吹き込んで音を出すグラス・パンフルートを使用して演奏を行う世界でも珍しいインストゥルメンタルグループです。クリスタルガラスを楽器として使用しているために透き通るような、涼しく幻想的な音色が特徴です。チャイコフスキーやモーツァルト、バッハなどクラシックの名曲からポップスまで演奏いたします。




日程:2012年7月14日(土)から8月31日(金)

8月7日(火)および他 水曜日は休演(予定)
8月8日(水)は公演いたします。


演奏時間:10:30〜、11:30〜、13:30〜、14:30〜、15:30〜(1日5回 各回約15分間)
演奏会場:ヴェネチアン・グラス美術館内
演奏者:クリスタル トリオ アンサンブル
(イゴール・スカヤロブ、ウラジミール・ペルミノフ、ウラジミール・ポプラス)


プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 20:21 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年05月31日

プレスリリース: 「あじさいフェスタ」開催

70種類4500株の競演「あじさいフェスタ」開催

6月1日(金)から7月31日(火)

箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔) の庭園で毎年開催され、年々人気が高まっている「あじさいフェスタ」がいよいよ6月1日(金)から7月31日(火)まで開催されます。

70種類4500株の競演「あじさいフェスタ」開催

早川の川沿いに広がる庭園には、早咲き(6月下旬)・中咲き(7月上旬)・遅咲き(7月下旬)のあじさい70種類4500株が次々と咲き始めます。
幻のあじさい「七段花」や、「ツルアジサイ」「ベニガク」など、珍しい品種をはじめ、箱根・富士山・伊豆地方の近隣に自生する品種、日本各地に分布するヤマアジサイ系統、関東地方では大変珍しいエゾアジサイ系など、数多くの品種がご覧いただけます。


プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 18:14 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年05月15日

プレスリリース:バラとアジサイ写真コンクール

第7回 写真コンクール
テーマ「バラとアジサイ」


応募期間:2012年6月1日(金) から2012年8月31日(金)

箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔)では、6月1日(金)から8月31(金)の期間、箱根ガラスの森美術館に咲くバラとアジサイを撮影対象とした写真コンクールを開催致します。
中世貴族の館を再現した弊館では、貴族達が愛した純白のアナベル≠窿戟[スのように繊細なツルアジサイ≠ニいったアジサイが70種類4,500株、そして富士、箱根地方の特産であるハコネバラ≠竅Aマリーアントワネット≠ネど150種類200株のバラがご覧いただけます。
第7回目の写真コンクールとなる今回は、昨年の「アジサイ」に加え、「バラ」をテーマと致します。最優秀作品1点賞金10万円、優秀作品1点賞金5万円、入賞作品には賞金を、入選及び佳作の方には賞品をご用意、受賞作品は当美術館内に展示致します。
皆様からの自信作のご応募をお待ち致しております。

2011年最優秀賞「お散歩コース」
2011年最優秀賞「お散歩コース」


2011年優秀賞「静かな時間」
2011年優秀賞「静かな時間」

名称:バラとアジサイ 写真コンクール
応募期間:2012年6月1日(金)から2012年8月31日(金)
対象場所:箱根ガラスの森美術館 庭園
開館時間:午前9時〜午後5時30分 (ご入館は午後5時まで) 年中無休
入館料: 一般1,300円、大高生1,100円、小中生800円
交通:箱根湯本駅より箱根登山バス『桃源台』行き約25分『俵石・箱根ガラスの森前』下車すぐ。
     強羅駅より施設巡りバス『箱根ガラスの森』下車。
     東名高速御殿場ICより国道138号線乙女峠経由約20分。

プレスリリースPDF


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 11:49 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年05月08日

プレスリリース:ミュージアム・コンサート

プレスリリース:ミュージアム・コンサート〜春を華やぐ音楽の調べ〜

2012年4月20日(金)〜6月10日(日)

箱根ガラスの森美術館(館長 岩田正崔)では、2012年4月20日(金)から6月10日(日)の期間、ヴェネチアを中心に世界で活躍する音楽家を招き、ミュージアムコンサートを開催。

ヴェニス・アコースティック・デュオ

アルベルト・デ・メイス(左) ヴァイオリン奏者
世界三大テノール歌手の一人、ルチアーノ・パバロッティ氏との共演経験がある。ヴェネチアを中心とした世界各国での演奏活動は高い評価を得ている。

セバスティアーノ・ゾルザ(右) アコーディオン奏者
ヨーロッパ各地のコンクールでの受賞歴を持ち、日本のラジオやテレビにも出演したことがある。コンサート活動の傍ら母校での教鞭も執っている。


艶やかにして繊細、圧倒的な集中力で聴衆の心をつかむ国際的ヴァイオリニスト、アルベルト・デ・メイス氏の世界をお楽しみ下さい。
今回の来日ではパートナーとして、ヨーロッパ各地でのコンクールで数々の受賞歴を持つアコーディオン奏者、セバスティアーノ・ゾルザ氏との共演です。
春を彩る華麗な響きとの出会いにご期待下さい。



【日 程】2012年4月20日(金)〜 6月10日(日)
*毎週水曜日は休演予定
【演奏時間】10:30〜、11:30〜、13:30〜、14:30〜、15:30〜
(1日5回 各回約15分間)
【演奏会場】ヴェネチアン・グラス美術館内
【演 奏 者】ヴェニス・アコースティック・デュオ

プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:13 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年03月04日

プレスリリース:「1コインチャリティ美術館」第5弾の義援金贈呈式

“被災地の夢”を応援します!
<「1コインチャリティ美術館」第5弾の義援金>
3月13日(火)午前9時00分から湯本の箱根町町長室で
義援金贈呈式を行います。



箱根ガラスの森美術館(館長岩田正崔)は、昨年は4回にわたり「1コインチャリティ美術館」の展開をはかり、東日本大震災の義援金活動を実施いたしました。ご入館されたお客様の総計66,342名の入館料全額を被災地のための義援金として、箱根町山口昇士町長に合計33,359,633円を寄付させて頂きました。
今回の第5弾「1コインチャリティ美術館」では期間中(3・9〜11<3日間>)のお客様の入館料全額を、上記日程にて被災地のための義援金として寄付させて頂きます。
報道関係の皆様には、当活動へのご理解、ご協力に改めて感謝申し上げます。
また、義援金活動の実施に当たっては多くのお客様から共感の言葉を頂きました。
今後とも、お力添えをどうぞよろしくお願い申しあげます。


以上



<寄付先>被災地支援団体(箱根町健康福祉課)
住所:〒250-0398 神奈川県足柄下郡箱根町湯本256
電話:0460-85-7790

[お問い合わせ先]
箱根ガラスの森美術館
TEL:0460−86−3111
FAX:0460−86−3116
〒250−0631神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940−48


プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 18:01 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年02月16日

プレスリリース:クリスタルガラスのサクラ

〜ひと足早い春の訪れ〜
「クリスタルガラスのサクラ」


クリスタルガラスのサクラ

箱根ガラスの森美術館( 館長 岩田正崔) では、2012年春の特別企画として、「クリスタルガラスのサクラ」のオブジェを庭園内に展示いたします。

箱根の四季折々の美しさをガラスで表現したいとの思いから、箱根町の「町の木」に制定されているヤマザクラをイメージしたガラスのオブジェを制作いたしました。
サクラの花と葉の部分には、直径1.4センチのピンクとグリーンのクリスタルガラスを使用しています。
また、今年はさらに粒数を増やし、45.000粒が初春の柔らかな太陽の光と風をうけて、きらきらと輝きます。
毎年4月頃に満開になる早川沿いの桜よりもひと足早い「クリスタルガラスのサクラ」で箱根の春の訪れを感じてください。

クリスタル

【概 要】
名  称:クリスタルガラスのサクラ 高さ7.5メートル クリスタルガラス45,000粒
展示期間:2012年2月17日(金)〜2012年4月中旬
展示場所:箱根ガラスの森美術館 庭園中央部
開館時間:午前9時〜午後5時30分 (ご入館は午後5時まで) 年中無休


プレスリリースPDF


posted by 箱根ガラスの森美術館 at 09:11 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年02月09日

プレスリリース:第5弾ワンコインチャリティ美術館

入館料をすべて震災義援金に<第5弾>
“被災地の夢“を応援します!
「ワンコインチャリティ美術館」


東日本大震災の被災地に対する義援金活動について

箱根ガラスの森美術館(館長岩田正崔)は東日本大震災の被災地支援のために、昨年は4回にわたり「1コインチャリティ美術館」に取組みましたが、本年も引き続き、3月9日(金)〜3月11日(日)の3日間、以下の取り組みを行います。

3・11大震災の辛い苦しみや悲しみから一年が経過し、被災地は徐々に困難を乗り越えつつあります。そして、さらに次のステップへ、歩みを止めずに前進していく人々も増大しています。

“夢や希望の蕾”が花開き、実を結ぶように「1コインチャリティ美術館」を通して、私たちも応援してまいります。第5弾は下記の通り実施いたします。


    記

【第5弾】3月9日(金)〜3月11日(日)の3日間
1. 入館料を大人も子供も一律1コイン(500円)とします。

(通常入館料・一般1300円大高生1100円小中学生800円)
*駐車料金(通常300円)は無料とします。


2.入館料の収益を義援金として被災地支援のために全額寄付をさせて頂きます。

<寄付先>被災地支援団体(箱根町健康福祉課)
住所:〒250-0398 神奈川県足柄下郡箱根町湯本256
電話:0460-85-7790

プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 18:21 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年02月02日

プレスリリース「大王松感謝祭」

箱根の“新パワースポット”誕生から1周年!

〜「大王松」に願いをこめて〜

2月22日(水)「大王松感謝祭」を開催


箱根ガラスの森美術館(館長岩田正崔)では庭園内に育つ「大王松」に日頃の感謝と、より多くの箱根の聖なるパワーが授かれるようにとの願いを込めて箱根神社からおいで頂き「大王松(だいおうしょう)感謝祭」を執り行います。
古来より「松」は豊穣と平安をもたらす神霊が木を伝い降臨すると信じられ、人々から神聖な木と崇められてきました。特に「三鈷(さんこ)の松」と呼ばれる「大王松」の3本の松葉は大変珍しく、身につけていると幸運が叶うといわれ、「知恵」「慈悲」「真心」を授かるとも言われています。その「大王松」はマツ属の中で最も長い葉を持つことからその名が付いたとされ、葉の長さは20〜30cm、樹高は20m程に育つ大きな松です。

箱根ガラスの森美術館では、連日多くのお客様が新パワースポットに立ち寄られ、年間で一日平均約300人・延べ約10万人以上のお客様が祈願されました。

2・22「富フ・富フ・富フ」と自然に笑顔になる日に、今までお客様に愛され続けてきた幸福を授かる「大王松」への感謝の気持ちと更なるお客様の幸せを祈願して頂きます。
ぜひ、報道関係の皆様にご参加頂き、また、皆様にもご紹介を頂きたくご案内申しあげます。

*誠に恐縮ですが、神聖な儀式のため一部、カメラやビデオでの撮影ができない時間帯もございます。


場所:箱根ガラスの森美術館庭園内中庭大王松前
祈祷日時:2012年2月22日(水)午前11時30分から12時頃まで
取材受付:午前10時00分から12時まで

昨年の感謝祭の様子
昨年の感謝祭の様子

プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 10:03 | TrackBack(0) | プレスリリース

2012年01月31日

プレスリリース 展覧会「ヴェネチア仮面カーニバルへの招待状」

〜私は誰か、そして、誰でもない私〜
展覧会「ヴェネチア仮面カーニバルへの招待状」


会期:2012年2月1日(水)〜4月12日(木) <年中無休>
入館時間:午前9時〜午後5時30分(入館は5時まで)

会場:箱根ガラスの森美術館
入場料(税込):一般1,300円、大高生1,100円、小中生800円

[展示内容]
中世盛期のヴェネチアは海洋交易により地中海世界最大の栄華を極めた商業都市国家で、東洋と西洋の交流の要衝であったため東西の文化が活発に融合して特異な文化が形成されました。
その代表的な文化が「仮面カーニバル」で、ヴェネチアの「仮面カーニバル」は観客として参加するだけの、一般のカーニバルとは異なり仮面やマントや帽子を身にまとうことで自分が登場人物になることが出来る画期的な祭りでした。
人々は貴族・商人などの身分や職業の垣根を越えて交流し街を練り歩きました。
本企画展では・・

1.美術館では当時隆盛をきわめたヴェネチアングラスの仮面祭の人形やコレクションを一堂に展示する企画展を開催します。

2.参加イベントとしてはヴェネチアから届いた仮面やマントを身にまとい、ヴェネチア仮面カーニバルを中世ヨーロッパ貴族の館をイメージした庭園や美術館の中で無料体験していただけます。

3.庭園内の体験工房ではオリジナル仮面の制作を体験できます。

4.ミュージアムショップでは本場ヴェネチアから取り寄せた素敵な仮面やグッズをコーナーで特集します。


箱根ガラスの森美術館は2月から4月12日まで楽しい「ヴェネチア仮面カーニバル」の会場となります。
・・「私は誰か。そして、誰でもない私」・・
きっと、皆様に新たな自分を発見できる素敵な瞬間が訪れます。


プレスリリースPDF

posted by 箱根ガラスの森美術館 at 23:09 | TrackBack(0) | プレスリリース